最近、海外セレブで注目されているマスタークレンズをご存知ですか?

名前だけ聞いても何が何だか、という人は多いと思いますが、
実はこれダイエットにも健康にも良いということで注目されているのです。

マスタークレンズが注目される理由と、
詳しいやり方についてご紹介していきますね。

また、マスタークレンズにどうして
メープルシロップが使用されるのかということも詳しくご紹介します。

マスタークレンズとは?

2015-09-23b

注目のマスタークレンズとはいったいどういうものなのでしょうか?

マスタークレンズは、レモネードダイエットという別名もある
一定期間にレモネードだけを飲むというものです。

もともとは、短期間でダイエットをするのにかなり効果的だということで
注目されるようになりましたが、
マスタークレンズはデトックス作用があるために
健康にも良いということでより多くの人に広まったのです。

数日間レモネード生活をしますが、
マスタークレンズをはじめる時の第一ステップとして塩水で胃腸を洗浄します。

血液と同じ濃度の水を約1ットル、20分間の間に飲み干すことで
胃腸からどんどん宿便などが出ていき胃腸がきれいになります。

その状態にしてから、マスタークレンズは本格的に始まります。
胃腸をきれいにした状態で、数日間レモネードだけで過ごすことで、
普段食事でずっと働き続けている消化器官が休むことが出来るため浄化されます。

また、レモネードだけの生活になることで
血液循環が良くなり、体の細胞もキレイになるのです。

10日間レモネードだけの生活ですが、
お腹が空いたら好きな時にレモネードを飲んでいいので
「何も口にしてはいけない」というストレスはない分、
断食のようなつらさはあまりないと思います。

また、ノンカフェインのハーブティーも口にしていいので
水分でお腹が満たされるために我慢は嫌だけど・・・という人にはいいかもしれませんね。

レモネードの作り方

では、肝心のレモネードの作り方についてご紹介します。
用意するのは、レモンまたはライム。

これは出来るだけフレッシュなものにしてください。
純粋なメープルシロップ、唐辛子粉、ぬるめの蒸留水になります。

ちなみに、メープルシロップは
輸入などで手に入る純水なものだけが適用できます。

砂糖シロップにメープルの香りをつけただけのようなものはダメなのでご注意を。
1杯作るときの分量は下記のとおりです。

レモンまたはライム
大さじ2
メープルシロップ
大さじ2
唐辛子粉
小さじ1/10
蒸留水
300CC

水は300CC用意しますが、レモン・メープルシロップ・唐辛子粉を
先にコップに入れて混ぜて、その後にちょうど300CCになるように水を注いでいきます。
必ずこの分量を守ることが重要です。

なぜメープルシロップ?はちみつはNG!?

レモネードに入れる糖分として使えるのはメープルシロップだけです。
これはメープルシロップが様々な糖分の中で一番栄養バランスがとれているからなのです。

特に、マスタークレンズをしている10日間はレモネードだけが栄養になります。
例えデトックスといっても、体が活動するための必要な栄養を摂らなければ
正直不健康な方法となってしまいますよね。

レモン果汁に唐辛子粉ももちろん人間が必要な栄養ですが、
そこに糖分として優れた栄養をもっているメープルシロップはとても重要な役割をしているんです。

だからこそ、このメープルシロップは
純粋なものを使わなければいけないんです。
また、日本人的にいうと、メープルシロップのように健康的な糖分としてはちみつを思いつきます。

純粋メープルシロップは手に入りやすいかと言われると
必ずしもそうではないからです。

でも、はちみつの代用は絶対NGです。
健康食品というイメージですが、
はちみつの栄養バランスを見た時にあまり良質なものではないです。

そのため、断食のさなかの貴重な栄養分として使用すると
低血糖症を引き起こす可能性があるんです。
だからこそ、はちみつは使ってはいけないですよ。

マスタークレンズ後の食事メニュー

マスタークレンズで何より大切なのが、
レモネードで過ごす10日間よりもその後の食事の戻し方です。

間違った方法で食事をはじめてしまうと、
臓器に負担をかけることにもなりかねませんので
マスタークレンズ後にとるべき食事メニューをご紹介していきます。

マスタークレンズ後1日目メニュー

マスタークレンズ明けの日は、もうレモネードを飲む必要はありませんが
基本的にまだ固形物は口にしないでください。

1日目に口にしていいのは、オレンジジュースのみです。
それも果汁濃縮のようなものではなく、できればオレンジを自分で絞ったものを。

そうでなければ有機栽培で作られた果汁100%のものを飲むようにしてください。
レモネード同様にお腹が減ったら飲むというようにしましょう。

2日目メニュー

2日目の朝と昼は1日目同様にオレンジジュースにしてください。
2日目の夕食から野菜スープを飲んでOKです。

ただし市販品ではなく、自分で野菜を刻んで手作りしたスープのみです。
この野菜はいれなければいけないというものはないですが、
彩りのきれいな緑黄色野菜と豆類、芋類、たまねぎを入れるようにするとバランスが良いです。

また、数日間レモネードだけだったので、
かなり味覚が敏感になっているので味付けはほとんどいらないです。

飲んでみて物足りなかったら少量の塩をたすぐらいでOKです。
野菜スープを食べるときは
とにかくよく噛んで食べるということを意識して食べるようにしてくださいね。

3日目メニュー

3日目の朝はオレンジジュースにして、昼は野菜スープにします。
夕食には野菜スープだけでもいいですが、
それにプラスアルファ果物や生の野菜を食べてもOKです。
スープに玄米をプラスしてもOKです。

4日目メニュー

4日目以降は普通の食事に戻してOKです。
もちろん、まだ体が受け付けないなと感じるのであれば
無理して食べる必要はなく、野菜スープで体を慣らしていってください。

もちろん、通常の食生活に戻ると言っても
急にファーストフードや脂っこいものなどを食べずに、
野菜を中心とした食生活を送るといいですよ。

ちなみに、牛乳はある程度生活が元に戻るまでは飲まないようにしましょう。
というのも、牛乳は断食をしていた体にいれてしまうと
合併症を発症させるリスクがあるのです。
ホットミルクは温まりそうだな、と安易に口にしないようにしましょう。

まとめ

2015-09-23c

マスタークレンズは、ダイエットだけではなく
健康にも効果が期待できるものです。

もちろん、血液や臓器がきれいになるので肌の調子が良くなることもあり、
美容効果も期待できるので女性にとっては大注目だと思います。

もちろん、ルールを守って行えば危険ということはないですが、
あくまで断食をしなければいけないので自分の体調がいい時にだけ行うようにしてください。

また、10日間と決まってはいますが、体調を見ながら日にちは短くしても大丈夫ですよ。