ハーブティーとしても知られるミントティーには
一体どのような作用があるのかを検証します!

ミントに含まれる有効成分や効能に関する知識を身に付けよう。
スーッとした清涼感がクセになるミントティーには整腸作用があるって本当!?

胃腸が弱い人にはミントティーがオススメの理由について徹底解説!
ミントティーの種類や効能を紹介。

ミントティーとは

2015-06-27b

私たち日本人にとって非常に馴染み深いハーブとして知られるミントですが、
最近ではこのミントを使って作るミントティーがブームとなりつつあります。

ミントとはシソ科のハッカ属という種類の植物の総称であり、
一口にミントと言ってもその種類は実にさまざまです。

ただし、ミントティーとして採用される種類はハーブとしても利用される事の多い
ペパーミントスペアミントといった種類のミントになります。

ミントはハーブとして利用される機会の多い植物ですが、
私たちが目にするのは料理や香料・アロマなどの分野が大半となっています。

中でも料理の分野では多くの場面でミントが活用されており、
アイスクリームやガム、ハーブティーなどさまざまな食品にミントが使われています。

ミントを使用した食品の中で
特に女性の間で高い人気を誇っているのが「ミントティー」であり、
スーッとする清涼感が気持ちをリフレッシュしてくれるので
気分転換を目的としてミントティーを飲む女性が増えてきています。

ミントティーに使用されるミントの種類には幾つかありますが、
そのいずれにも高いリフレッシュ効果健康効果が期待できます。

最近ではイライラや不安を解消するだけでなく、整腸作用や健胃作用、
発汗作用や解熱作用などを狙ってミントティーを飲む人もいます。

ミントティーの種類と効能について

ミントティーの種類には幾つかありますが、
中でもスタンダードなのがペパーミントを使ったミントティーです。

また、そのほかにもスペアミントを使ったミントティーや
アップルミントを使ったミントティーなど、
ミントティーには味や香りの異なるものが幾つか存在しています。

これらのミントティーに共通して言えるのは、
いずれも効能が似通っているということです。

いずれのミントティーにもイライラや不安を解消したり
リフレッシュ効果が期待できますが、
最新の研究ではそれ以外にも幾つかの健康効果が認められています。

ミントティーを飲む事によって得られる健康効果としては
胃腸の調子を整える健胃作用整腸作用
発汗を促す発汗作用や熱を下げる解熱作用などが挙げられます。

中でも特に注目すべきなのは整腸作用と健胃作用です。
ミントティーには胃腸を健康な状態に整える効果が期待できるので、
胃腸の弱い人には特にオススメの飲料と言えます。

また、味の濃い料理や油っこい料理の後にミントティーを飲むと、
適度な清涼感のお陰で食後の口内をサッパリさせる効果が得られます。

ミントティーのレシピを紹介

2015-06-27c

ミントティーを使ったレシピには色々ありますが、
中でも特にオススメしたい4種類のミントを使用したミントティーを紹介してみたいと思います。

材料はお好みのミントを4種類とレモン汁、ハチミツ、お湯、氷のみです。
まず、お好みで選んだ四種類のミントをちぎって叩いてボウルに入れます。

その後、適量のお湯をボウルに注いでから
ハチミツとレモン汁(ポッカレモンなどで代用してもOK)を投入します。

ここで一度、ボウルにサランラップを施して完全に密閉します。
このままの状態で5分~10分ほど放置すると
ミントに含まれる有効成分や香りがお湯に溶け出してきます。

最後に茶漉しなどを使ってミントが入り込まないようにカップ、
もしくは氷を目一杯入れた涼しげなグラスに注げば完成となります。

ちなみに冬はそのまま暖かいミントティーで頂いても良いですし、
夏は氷の入ったグラスに注いで思い切り清涼感を演出しても良いと思います。

ミントの葉はカップやグラスに入れると見た目は美しいですが、
そのままだと非常に飲みづらいので飲む前にはミントを抜いておくことをオススメします。