脚がむずむずしてきてじっとしていられなくなったり、不快な痛みが走ったり…。
むずむず脚症候群」は昔から存在していた少し厄介な病気。

直接いのちに関わることはありませんが、
日常生活に大きな支障をきたすので
できるだけその症状を軽くしたいですよね。

今回は、そんな「むずむず脚症候群」に効果のある飲み物や食べ物、
これは飲んだ方がいい!逆にこれはやめておこう!というものを紹介していきますね。

なんとかしたい「むずむず脚症候群」。

2016-03-25b

症状と原因は?

まず症状としては、脚にむずむずする不快な感覚や痛みが発生。
この感覚は、脚の内部に生じるというのが特徴で、
脚がほてったり、しびれたり、虫が這うような感覚があります。

また、じっとしている時にこの症状は強くなり、
動かすことによって消失するという傾向にあります。

夕方〜夜にかけて症状がひどくなることが多く、
睡眠不足になってしまうこともあります。

TVなどで活躍している吉田先生による解説動画です。
むずむず脚症候群について簡単に分かりやすくまとめてあります。

むずむず脚症候群の原因としては、
遺伝や鉄不足、ドーパミン神経系の障害などが考えられています。
また、鉄欠乏性貧血、パーキンソン病などの病気や、
抗精神病薬などの薬が症状を引き起こすこともあるんです。

むずむず脚症候群のときに飲んでいいもの・悪いもの

まず、飲むと良いのは「カフェインレス」な飲み物です。
麦茶はカフェインが含まれていないのでおすすめです。
市販のものだと「爽健美茶」や「十六茶」はカフェインレス!


ポカリスエットのような電解質溶液を飲んだら改善されたという声も!


参照:http://item.rakuten.co.jp/

これは身体の電解質が不足することから
むずむず脚症候群が発症すると言われているからです。
ぜひ試してみては?
ペットボトルではなく、粉末を溶かして飲むタイプのものであれば、
冷蔵庫で場所を取らず食品棚に収納できますし、
必要なときに出してきて飲めるので便利ですよ。
2リットルを買って持ち帰るよりも軽いです。
ポカリスエット粉末のお求めはこちら

逆に「これは飲まない方が良い」というものは、刺激物。

カフェインなんかはその良い例です。
カフェインは、刺激が強くむずむず脚症候群を悪化させます。

カフェインに続いてNGなのは、アルコール。
アルコールは脳を覚醒させる作用を持ち、夜中に目が覚めやすくなります。
そうなると、寝付くまでに再び症状に襲われることもあるんです。

「むずむず脚症候群」のときの食事で気を付けること

積極的に摂ると良いと言われているものは「鉄分」です。
鉄分は、ドーパミンの前駆物質を作るのに欠かせません!


鉄分が含まれている食べ物の例として、
レバーや貝類、大豆、ほうれん草、小松菜、アサリ。
これらをバランスよく摂ることで確実に鉄分が吸収できますよ。

また、鉄分はビタミンCと一緒に摂ると効果が上がるなんて話もありますよね。
なので、「緑黄色野菜を多めに摂る」これを忘れないでくださいね。

ドーパミンの分泌を促す効果のある「ムクナ豆」も良いと言われています。
ムクナ豆は、熱帯アジアなどに多様な品種が広範に生息する植物です。
むずむず脚症候群以外にもパーキンソン病などに効果があると言われており、
インド医療「アーユルヴェーダ」でも使用される天然由来の優しい成分なんです。

また、食べるときによく噛むこともとっても大切。
噛むことで栄養を効率よく吸収することができて、
ドーパミンをより分泌してくれるんですよ!

「むずむず脚症候群」の症状を和らげるために自分でできること

もしかしてむずむず脚症候群になってしまったかも…?
症状が悪化してしまった時は病院に行くことをおすすめしますが
一時的な「むずむず」を抑えるためにも家でできることを少し紹介していきますね。

・運動によって改善
運動不足な人はむずむず脚症候群になりやすいと言われています。
脚をしっかり使って運動をすることで血流が良くなり、
筋肉の感覚の統合が行われやすくなるんです。

歩く速さは「スローウォーキング」程度でOK。
ストレッチやマッサージもおすすめですよ。
脚全体を動かして、血行促進につなげましょう。

・室内環境を整えることで改善
夏になり蒸し暑くなるとむずむず脚症候群が悪化すると言われています。
外の環境は変えることが出来ないのでせめて自宅の室内環境は整えるようにしましょう。
エアコンも適度に使ってOK!

まとめ

2016-03-25c

いかがでしたか?
むずむず脚症候群は、女性(特に妊婦さん)に多いと言われています。
酷いと居ても立っても居られなくなったり眠れなくなるほど。

また、「脚がむずむずする」と言っても周りからは共感が得られず
今まで1人で抱え込んでいた人も多いことでしょう。

病院に行けば薬を処方してくれるので安心して治療できますが、
それ以外にも普段の生活の中で自分にできることをすれば
治るのも格段に早くなりそうですよね。

食事や運動は、お金もかかりませんし身体に良いことばかり。
ほんの少しの意識で症状は変わってくるはずです。

その他にもパズルゲームや脳トレなどで、
脳を覚醒させることも効果があるそうですよ。
自分にできることから始めてみませんか?