健康茶で知られるなた豆茶は、
私たちの体内に一体どのような良い影響を与えてくれるのでしょうか。

そして、ここではなた豆自体どのようなものなのかや、
なた豆茶は腎臓の病気にどのように効果があるのでしょうか?

利尿作用があるのか、お茶以外になた豆を摂取方法はあるのかなど、
ここではなた豆の意外な効能などを紹介していきたいと思います。

なた豆茶は腎臓のろ過機能を回復させる

腎臓は、体の中の老廃物ろ過して排出をし、
体内の血液を健康に保ってくれる働きをしてくれる大切な臓器です。

そして、腎臓の病気にはさまざまな種類があります。
なぜこの腎臓の病気になた豆が効くのでしょうか?

なた豆は一般に、口臭予防、歯槽膿漏蓄膿症などに効果があることは、
一般的にもよく知られていますが、実は歯槽膿漏などを治す以外に、
腎機能の改善にも効果があるともいわれているのです。

最近、腎機能が健康な人のおよそ60%以下に低下してしまう病気、
慢性腎臓病の患者数が急増しています。

この病気は、進行すると透析などの治療が必要となる怖い病気ですが、
なた豆に豊富に含まれているウレアーゼという成分は、この病気の治療に効果があると言われ、
体内に存在する酵素をなた豆の力で、尿素をアンモニア二酸化炭素に分解することにより、
腎臓の病状を改善する働きがあるのです。

なた豆に含まれるウレアーゼが正常に作用すると、
老廃物などの体内にある有害な物質を、体外に排出できます。

また、なた豆に含まれるコンカナバリンA
腎臓のろ過機能の回復に役立つといわれており、腎機能の回復に効果的ともいえます。

腎臓は体の超重要な臓器

腎臓は、体の中の毒素や老廃物の除去水分の調節といった、生命を維持し、
体の中の環境を一定に保つ大切な働きをしている臓器のひとつです。

また、人の体は代謝によって支えられており、腎臓で老廃物を適切に尿などとして外に排泄できないと
体の中に老廃物が溜まってしまい、様々な悪影響を受けることにもなります。

そして、健康被害をもたらすといっても、腎臓の病気には、ほかにもさまざまな種類があります。
腎臓の機能を低下させるさまざまな関連した病気をまとめて腎臓病というのです。

先ほども説明した慢性腎臓病は、最初はほとんど自覚症状がなく、慢性的なだるさ
むくみ息切れなどの症状が現れた時は、
もうすでに症状がかなり進行しており、ひどい時は、手遅れとなる可能性もあります。

この病気の早期発見のためには、
日ごろから定期的に病院などで、尿検査血液検査を受けることが大切です。

慢性腎臓病が、数ヶ月から数十年の年月をかけて徐々に進行するのが、
慢性腎不全とよばれるものです。

昔は「不治の病」とも呼ばれた腎臓病ですが、医療技術の進歩により、
早期に治療を開始すれば、腎臓の機能の低下を防いだり、進行を遅らせたりできるようになりました。

こちらの記事でもなた豆について詳しく説明しています。

なた豆茶の効能は?

なた豆茶には、腎臓の病気に効く成分や、利尿効果美容効果があります。
さらに、なた豆は腎機能を高めるはたらきを持つほか、
尿の量を増やす働きがあるカリウムのなどの成分も多く含まれています。

利尿効果があるせいで、デトックスや血行や水分の代謝を促進してくれる働きがある一方、トイレが近くなる人もいます。

ですが、あくまでもそれについては個人差があり、
そのカリウムの成分のおかげで体の中の老廃物や余分な水分を外に排出し、
むくみを解消する効果があるといわれているのです。

さらに、なたまめ茶に含まれるカリウムは、生物にとっての必須元素であり、
神経伝達で重要な役割を果たします。

なぜなら、なた豆茶の中には、尿素を分解する働きのある酵素が多く含まれており、
その酵素が働くことで、ウレアーゼの豊富ななた豆は、腎機能を改善する可能性があると考えられます。

そもそも体から出てくる膿は白血球などの死骸であり、これも体内の老廃物のひとつです。
腎臓はこれら老廃物をろ過する大切な器官なのです。

万が一、腎機能が低下していると、正常に尿が出なくなってしまったりするので、
そうなってしまった場合はカリウムが腎機能を活性化してくれるので、
カリウムを摂取し、尿を排出するといいでしょう。

また、なた豆茶は、利尿作用だけでなく、
体の中での塩分と水分とのバランスを保ってくれる働きもするので、
塩分を摂りすぎてしまって、高血圧になってしまうことを防いだりもします。

なた豆茶の効果的な飲み方は?

一般的になた豆は、健康茶として飲まれています。
なた豆茶は、体の老廃物の排出を促す働きがあると同時に、デトックス効果があるといわれています。

主に、なた豆茶は健康志向の人に好まれていますが、なた豆をそのまま調理して摂取しても良いです。
ただ、お茶以外だと、なた豆を直接摂取することを続けるのは少し大変なので、
なた豆茶としてお茶を飲む習慣に取り入れて摂取する方が楽で続けやすいため、それが一般的となりました。

また、賢蔵の毒素を排出する機能の修復や強化効果効能があります。
ドラッグストアや百円ショップなどでで購入してきたティーバッグを用意して、
そこに粉砕したなた豆を入れます。

ちなみに、なた豆茶の茶葉は、なた豆のさやと豆を細かく粉砕したものでできています。

【作り方】

  1. 粉砕したなた豆を、やかんに入れて、水を入れて火にかけます

    水1リットルに対してなた豆を入れたティーバッグ2包を目安としてください

  2. 沸騰したら弱火にして5分ほど煮出す

  3. 5分たったら火を止めて、なた豆茶の出来上がり!

もし、お茶にした分以外の残ったなた豆を粉砕したものは、
タッパーなどに入れて密封しておけば、なた豆を炒ると長期間風味も変わらずに保存できます。

お手軽なティーパックになっているものも
チェックしてみてくださいね(*^^*)

歯にも良い

口臭や歯槽膿漏のみの対策でなた豆を摂取するならば、
歯磨き粉としてなた豆を使用するといいでしょう。

そして、それ以外だと、なた豆茶以外に食べ物で摂取するともあります。

例えば、なた豆を、煮豆や白あんなどにして、煮だす方法で食べることです。
また、なた豆を食べる際には、下ごしらえが重要となりますので、下ごしらえはきっちりしましょう。

それ以外は、サプリメントに利用されたりもしています。

日本でも古くから、健康促進に利用されてきたなた豆ですが、
中国では古くから漢方薬として重用されてきたため、漢方薬やサプリメントとしても摂取可能です。

まとめ

なた豆茶は主に膿ができる病気効果効能があるとされ、
口臭予防や歯周病予防をはじめ、蓄膿症や腎臓病、アトピーなどの皮膚病、
花粉症、身近なところでは吹出物や花粉症、メタボリックにも効果があります。

それ以外は、腎機能歯周病血流の改善に効果があり、
血液の浄化により体の様々な病気や不調の改善、デトックスに効果があります。

古くから、漢方薬として中国から日本に伝わったなた豆。
体の健康状態を維持するべく、なた豆茶を毎日、飲み続けて健康を今後も維持したいですね。