健康効果が高いということで注目を集めているのが、刀豆茶です。
刀豆(なたまめ)という植物を知っている人もそんなに多くないと思いますが、
刀豆を使ったそのお茶に様々な健康効果があるのです。

そもそも刀豆とはいったいどういうものなのでしょうか?
また、刀豆茶の効能花粉症高血圧にどういった影響があるのでしょうか?

刀豆茶とは?

2016-03-28b

刀豆茶とはあまり聞きなれない豆の名前ですが、
最近健康に良いということで注目されています。
刀豆茶はその名の通り、
刀豆という植物を原料として作られているお茶です。

刀豆は、マメ科の中でも一番大きな植物です。
その大きさは、丈で5メートル以上にもなるほどです。
さやの中にある豆の大きさも3〜5センチあるものがほとんどで、
豆の大きさが比較的大きいそら豆と比べてもその大きさがわかります。

刀豆は日本では江戸時代ごろから栽培されはじめ、
もともとは亜熱帯アジアが原産とされています。
その効能の高さから中国では薬としても使われいるほどです。
そういった刀豆を使用しているのが刀豆茶なのです。

刀豆茶の選び方は?

刀豆茶は高い健康効果から注目されるようになって、
刀豆茶を扱う業者も増えました。
さらに刀豆茶に詳しい人もそう多くないので、
どんな刀豆茶を選んでいいか迷います。

では、数ある刀豆茶からどんなものを選んだらいいのでしょうか?
刀豆茶を選ぶポイントはいくつかあります。

まずは国産か外国産なのかという点。
刀豆茶の外国産の場合中国産であることも多いです。
より安全性を求める場合にはやはり国産が一番です。
というのも、刀豆茶は飲み続けることに意義があります。
飲み続けるものが安全でなければ何かしら体に影響を与えるかもしれません。
だからこそ、より安全性の高い国産のものを選んだ方が
安心して続けることが出来ます。

また、刀豆茶には赤刀豆と白刀豆の2種類があります。

基本的には刀豆茶といえば赤刀豆になっていますが、
白刀豆を使ったものもあります。

赤刀豆にしても白刀豆にしても成分的にはほとんど変わらないので、
どちらの豆を選んでも問題ありません。
値段的には外国産の方が安いかもしれませんが、
体の中に入れるものだからこそ少し値段が高くても国産で農薬を使用していないものを選ぶようにしましょう。

刀豆茶は花粉症や高血圧に効果がある?

刀豆茶は健康に良いと注目されていますが具体的にどのような効能があるのでしょうか?

まず刀豆茶に含まれる成分が、免疫力を高めてくれるという働きです。
免疫力というのは体をウイルスなどから守って風邪をひきにくくするだけではなく、
アレルギーになりにくい、またはアレルギーの症状を緩和してくれます。

そのため、アレルギーのひとつでもある花粉症にも効果的だとされているのです。
また、刀豆茶にはウレアーゼという酵素が含まれています。

ウレアーゼという酵素は、尿素を分解する働きがあります。
そのため、腎臓の働きが良くなって腎機能自体が向上します。
腎機能の向上が血圧を下げる効果があるため、
刀豆茶には血圧を下げる働きがあるのです。
https://twitter.com/kumagaihiromi88/status/596778224996122624

それ以外の刀豆茶の効能

花粉症や高血圧へ効果の期待できる刀豆茶ですが、
それ以外には効能はあるのでしょうか?
刀豆茶の効能についてご紹介していきます。

歯周病・口臭
歯周病になったり、歯周病によって起きる口臭などがあります。
その口臭に対して刀豆茶に含まれるカナバリンという成分が効果を発揮してくれます。
歯茎の炎症を抑えてくれる働きや口の中のバランスを保ってくれるのです。

蓄膿症
蓄膿症などによる鼻水や鼻づまりの症状を、
刀豆茶に含まれるカナバリンという成分が改善してくれます。

メタボ
メタボリックシンドロームに悩んでいる人は多いですが、
刀豆茶には血行を促進してくれる働きがあるため、体の代謝を高めてくれます。
さらに、デトックス効果もありメタボには効果が期待できるのです。

アトピー
アトピーは花粉症同様にアレルギーのひとつです。
そのため、刀豆茶の免疫力を高める効果によって、
アトピーの症状を緩和または改善してくれるのです。

まとめ

2016-03-28c

刀豆茶には、メタボや高血圧など生活習慣病への効果から、
アレルギーの症状改善、歯周病や蓄膿症など様々な効果があります。

ですが、これは飲んですぐに効果が出るというわけではなく
飲み続けていくことが大切なのです。
1日500ミリリットルを目安に、少なくても1か月以上は続けるようにしてくださいね。