夏バテを発症したら身近なチーズを食べるのがオススメ!?
夏バテ解消にはチーズが効果的な理由とは?

症状やその特徴についても徹底的に解説します!
夏バテに陥った場合の適切な対処法や治療法についても詳しく紹介。

夏バテになったらチーズを食べて効率良く症状を撃退しよう!
夏バテと身近なチーズの関係性について…

夏バテになるメカニズムや原因について

2015-08-01b

夏の暑い季節が近付くと夏バテに陥るリスクが高まりますが、
その原因やメカニズムについて詳しく知る人は
それほど多くは無いのが現状となっています。

通常、人間の身体は亜熱帯地域のような高温多湿の環境に置かれると
体温を一定に保とうとして発汗し、通常よりも多くのエネルギーを消費する事になります。

そのため身体に掛かる負担は普段よりも大きくなり、
身体にさまざまな影響が現れるようになってきます。

身体に負担が掛かった状態が長く続くと
最初はなんとか身体が対応していても、
徐々に対応力が追いつかずに体内の熱を外に出す事が出来なくなってしまいます。

その結果、発熱したり身体がダルくてやる気が出なくなる等
夏バテ特有の症状が現れてくるのです。

ひとたび夏バテに陥ると胃腸の働きも弱まってしまうので、
食欲が無くなって体に必要なエネルギーが不足しがちになります。

その結果、暑さに対応する為に
必要なエネルギーが身体に取り込まれなくなり
夏バテの症状が長引くといった悪循環が生まれてしまいます。

夏バテはさまざまな原因が複合的に絡み合って発症しますが、
主な原因としては自律神経の不調や水分不足、
暑さによる胃腸機能の低下が挙げられます。

特に自律神経の失調に陥った場合は夏バテの症状がなかなか改善されず、
食欲不振頭痛などの症状が長引くケースが多いので注意が必要です。

夏バテ解消に良い栄養素とは

夏バテに陥ると食欲不振や頭痛、やる気の低下などの症状が現れますが、
これらの症状を改善したり未然に夏バテを予防する為には
栄養補給が何よりも大切になってきます。

夏バテを解消するのに有効だと考えられている栄養素としては
ビタミンB1ビタミンB2、そしてクエン酸が挙げられます。

夏の暑い時期にはどうしても胃腸の機能が低下して
食欲不振を招きがちですが、このような状態に陥ると
人はサッパリとして食べやすいそうめんやざる蕎麦、
冷やし中華などの食品に偏ってしまう傾向があります。

確かにこうした食品に含まれる炭水化物は身体に必要な栄養素であり
エネルギー源ですが、せっかく摂取した炭水化物も
体内で消化・吸収がスムーズに行われなければ無意味です。

この炭水化物の消化や吸収を助けてくれる栄養素が
先に述べたビタミンB1やB2、クエン酸なのです。

また、そのほかにもビタミンB1やB2と同様の働きをしてくれるナイアシン
夏バテ解消に有効な栄養素だと言えます。

ナイアシンには血液中を流れるブドウ糖が
各細胞に取り込まれるのをサポートする働きがある為、
夏バテによって弱った身体の機能を高めて回復するのに役立ちます。

夏バテ解消にはチーズがオススメ!?

2015-08-01c

夏バテを予防したり改善する為にはビタミンB1やビタミンB2、
クエン酸やナイアシンといった栄養素が有効だということは先にも述べましたが
実をいうと私たちの身近にあるチーズにはビタミンB2が非常に多く含まれています。

ビタミンB2には3大栄養素として知られるタンパク質と炭水化物、
脂質が体内でスムーズに消費されるのをサポートする働きがあります。

そのため、ビタミンB2をしっかりと補給しなければ
身体の各細胞に取り込んだエネルギーが行き届かなくなってしまうのです。

チーズには三大栄養素のひとつであるタンパク質が
豊富に含まれていると共に
その消費や吸収を助けるビタミンB2もたっぷり含まれているので、
チーズを食べるだけでエネルギーを摂取しながら
同時に身体の各細胞へのエネルギー供給をスムーズにする事が出来ます。

また、チーズにはそのほかにも
ビタミンAやカルシウムなども豊富に含まれており、
極めて栄養価の高い食品なので日常的に摂取する事で夏バテを未然に予防する事が出来ます。