夏は暑いけれども、それ以上に楽しみが多い時期だからこそ
夏が好きという人もいるかもしれません。

ですが、夏は楽しいだけではなく
なかなか治りにくい夏風邪をひくこともあります。

夏風邪は厄介とはよく聞きますが、
なぜ乾燥していない湿度の高い夏にも風邪が流行するのでしょうか?

そんな夏風邪には夏の食べ物である
スイカが助けてくれるって知っていましたか?

夏なのにどうして風邪?

2015-07-09b

風邪のウイルスが蔓延する環境として
私たちがイメージするものは乾燥しているなどの条件ですよね。

夏はその条件とは真逆で、高温多湿の環境です
そのため、まさか風邪が流行るなんで思ってもいないかもしれませんが、
冬の風邪と同じように夏の風邪も一度ひくとなかなか治りにくい厄介なものです。

でもどうして、高温多湿の環境なのに風邪が流行るのでしょうか?

それはウイルスの中には高温多湿の環境を好むものがいるからです。
夏に流行する風邪のウイルスは高温多湿の環境で
大繁殖するものが多いため、夏にも風邪が流行るのです。

ちなみに、子供がよくかかるヘルパンギーナ
手足口病も夏風邪のひとつで、これらも高温多湿で繁殖するウイルスが原因なのです。

夏風邪の症状とは?

では夏風邪にかかるとどういった症状が出るのでしょうか?
夏風邪の主な症状としては、微熱・強いのどの痛みと激しい咳、
お腹の痛みや下痢になるなどがあります。

微熱というのは大体37.5度ぐらいのもので、
ちょっと無理できるぐらいの微熱です。

そのため、大丈夫だろと思って無理をすると
より悪化してしまうというパターンが多いのです。

のどの痛みや咳などはかなり強いので、
それがつらいと感じるのが夏風邪の特徴のひとつともいえます。

のどの痛みにはスイカが効果的?!

夏風邪の症状としてつらいのどの痛み。
熱はそこまで高くなくても
こののどの痛みで生活するのがつらいということも多いです。

そこで、効果的なのがスイカです。

スイカといえば夏の風物詩のひとつでもあり、
夏風邪にスイカなんて最適の組み合わせかもしれません。

スイカ自体にも多くの効能がありますが、
特にのどの痛みに効果が期待できるのは、スイカから作るスイカ糖です。

スイカ糖は、スイカの果肉の部分を絞った時に出る水分を
水あめ状まで煮詰めて作るもの。

昔は多く販売されていましたが、
今ではあまり見かけないので自分で手作りするのがおすすめです。

普段食べられるスイカは勿体ないので、
見切り品になっているようなものを使って作ってみてくださいね。

効能を知ったらスイカが食べたくなる!

スイカ糖が夏風邪ののどの痛みに効果があるように、
スイカには実は食べたくなるような効能が多くあります。

水分ばかりで栄養がないんじゃない?
と思われがちですが、そんなことはないんですよ。

スイカがもつ効能についてご紹介していきましょう。

むくみに効果的
スイカ=利尿作用。というイメージがある人も多いのでは?
これはスイカが水分量が多いからではなく
スイカ自体が腎臓の働きを良くしてくれるからです。

そのためむくみの原因である塩分を尿に排出してくれる働きも
活発になるため、むくみ解消につながるのです。

ダイエットにも最適
スイカは水分量が多いため、
ちょっとの量でもすぐにお腹がいっぱいになりますよね。

それだけでももちろんダイエット効果がありますが、
スイカ自体カロリーも低く100グラムで37キロカロリー。

スイカを4分の1食べてやっとご飯一杯分と考えると
かなり低カロリーなおやつになるのです。

またスイカにはシトルリンという成分が含まれています。
シトルリンは利尿作用がある成分ですが、
ただ利尿作用があるだけではなく老廃物なども一緒に排泄させてくれるので
デトックスなどに効果が期待できます。

また、体内から老廃物がなくなると体の血流が良くなるため、
自然と代謝もよくなるのです。

美肌効果
トマトのリコピンが美肌に効果的。これは非常に有名な話です。
ですが、トマトのリコピンよりもスイカに含まれるリコピンの方が実は量が多いのです。

リコピンはアンチエイジングに効果があるので、
肌のターンオーバーを促し美肌へと促してくれるのです。

また、歯の黄ばみなどに効果があることで有名な
システインもスイカには含まれています。

システインは、体内に入ることで
シミそばかすに効果が期待できるので、美白にもつながります。

またダイエット効果の部分でも紹介したシトルリンが
血流を改善させるので、肌の代謝もアップさせてくれるのです。

まとめ

2015-07-09c

夏風邪ののどの痛みは、本当につらいものです。
だからこそ、のどの痛みを改善したいものです。

でも薬を飲むと眠くなって仕事にも集中できないことにもなるので、
そういった時にはぜひ夏の風物詩、スイカで対処してみてくださいね。