乳酸菌体に良いという事は今や常識になっています。
その一方で、それがなぜなのか?という事が
曖昧になっているかもしれません。

乳酸菌は細菌の一種です。
人の腸には多くの細菌が共生状態で寄生していて、
消化を助けたり、或いは邪魔をしたりしているのですが、
その中で悪玉菌を減らしてくれたり、消化吸収を助けたり、
免疫機能を上げたりする菌が乳酸菌なのです。

乳酸菌とは

2015-05-03-1b

乳酸菌は単純に言えば乳酸を作り出す菌の事です。
色々な種類が存在していて、
ヨーグルトに含まれている乳酸菌もその一部に過ぎません。

私達に馴染みの深い、お漬物や味噌や醤油などにも
乳酸菌は深く関わっています。

属名としてラクトバチルスペディオコッカス
ビフィドバクテリウムなどがあり、
その下に菌種名が付いて分類されています。

例えば有名なガセリ菌はラクトバチルス・ガセリと言い、
更にそこに株名が付いて分類されます。

人間に例えれば属がホモ・サピエンス、種が人種名、
株が属する国といった感じでしょうか。

商品名に付いているのはこの最後の株名の事が多いですね。
シロタ株やSP株などが特に有名だと思います。

SP株は雪印(snow)プロバイオティクスの略で、
つまり雪印が研究して培養した菌という事なのです。

プロバイオティクスという考え方

プロバイオティクスという考え方は
薬などで菌を殺す事によって体を守るという考え方とは逆に
体に良い働きをする菌を使って体を守るという考え方です。

元々体には多くの菌が寄生していますが、
特に腸には100兆を超える数の菌が寄生しています。

その中には善玉菌と呼ばれている、消化吸収を助けてくれたり、
ウイルスに対する免疫作用をしてくれたり、腸内環境を酸性にして、
悪玉菌を減らす働きをする菌がいます。

それとは逆に毒を出したり、消化吸収を停滞させる菌がいて、
それが悪玉菌と呼ばれている訳です。

悪玉菌の中には腸から体内に広がって
病気を促進するものまでいて、増えすぎると危険な存在となります。

また、腸内細菌の多くは日和見菌と言って、
善玉菌が増えれば善玉菌に、悪玉菌が増えれば悪玉菌に、
それぞれに倣った働きをする菌がいて、
悪玉菌が増えると、その存在が更に腸内環境が悪化を加速させてしまいます。

その人の健康に直結する腸内環境を整える為に
乳酸菌を始めとした生きた善玉菌を体に投入する事をプロバイオティクスと言うのです。

人は昔から乳酸菌と共に生きてきた

人はこのような腸内の仕組みを知るずっと前から
乳酸菌を食品として摂ってきました。

醤油、味噌、日本酒、チーズ、ぬか漬け、
そしてヨーグルト、これらは全て醗酵に乳酸菌が関わっています。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

醤油や味噌や日本酒、ぬか漬けなどは、
酵母菌や麹菌なども作用しています。

これらの乳酸菌食品を、私達の祖先は
経験則で体に良いと理解して製造して摂取して来たのです。

私達と乳酸菌の共生関係がどのくらい古いのかは分かりませんが、
少なくとも、長年人間の健康を支えてきた存在である事は間違いありません。

今更わざわざ確認して、慌てて乳酸菌を摂っている私達は
少々滑稽な事をしているのかもしれません。

しかし、様々な実験や検査で分かって来た事で
更に良い状態で乳酸菌を利用出来るようになった事は確かでしょう。

先達の知恵をより良い状態で引き継ぐ事が出来るのだとしたら
それはとても大切な事だと思えます。
大変そうなぬか漬けも今では気軽に始められるキットもありますので
昔ながらの方法で乳酸菌を摂取してみませんか?
ぬか漬けセットのお求めはこちら

乳酸菌の仲間達

2015-05-03-1c

乳酸菌として有名なビフィズス菌は
実は厳密に言えば乳酸菌ではないと言われています。

それは一般的な乳酸菌とかなり違う性質を持つからです。
乳酸菌のほとんどは自然界のどこにでも存在出来る菌ですが、
ビフィズス菌は酸素を嫌うので腸内環境でしか生息出来ません。

更に、乳酸だけを生産する乳酸菌に対して、
ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生産します。

形も乳酸菌が丸かったり、棒状だったりするのに対して
ビフィズス菌はY字型をしています。
なんだか全然違いますね。

このビフィズス菌は、人間の腸内に最も多い善玉菌です。
善玉菌の一大勢力と考えて良いでしょう。

乳酸菌ではない善玉菌には私達に馴染みの深い、
納豆菌、麹菌、なども善玉菌の仲間です。

これらの善玉菌を増やすのに、
何も善玉菌を投入するだけが方法ではありません。

善玉菌の好む物を投入する事で増やす事が出来るのです。
その1つが食物繊維、そしてもう1つがオリゴ糖です。

善玉菌を効果的に増やすにはこれらの善玉菌を摂る時に、
食物繊維やオリゴ糖を同時に摂る事が効果的と言われています。