乳酸菌には意外な効果があるって本当!?

乳酸菌には人の腸内に達すると、ビオチンと呼ばれる
ビタミンBの一種を生成する働きがあります。

別名ビタミンHとも呼ばれるビオチンにはさまざまな疾患を
予防する効果アリ!

皮膚炎の予防や筋肉痛の緩和に効果を発揮するビオチンの
効能について正しく知り、その効果を最大限に活用しよう!

乳酸菌の働きや作用についての知識

2015-03-12-03b

私たち人間は日常生活の中でさまざまな食品を口にして、
その栄養を摂取しています。

生きる為に必要不可欠な栄養素としては、たんぱく質炭水化物
筆頭に各種ビタミン類脂質糖質食物繊維など
さまざまな栄養素が挙げられます。

しかし、それ以外にも人が健康を維持する為にはヨーグルトなどに
含まれている「乳酸菌」などの善玉菌を日常的に摂取する必要があります。

この乳酸菌には人の健康維持に関わるさまざまな働きや作用があります。

腸内の状態が良好になる菌とは

中でも特に有名なのは「腸内環境を整える働き」ですが、
乳酸菌を体内に取り込む事によって腸内に常在している「腸内細菌」の
バランスが保たれます。

腸内に存在する細菌には乳酸菌のほかにも多種多様な菌が居ますが、
この菌の数やバランスが乱れてしまうと腸内環境が悪くなり、
下痢腹痛を引き起こしてしまう原因となってしまいます。

そのような状況を防ぐためには腸内環境を整えてくれる乳酸菌を
定期的に摂取して、腸内の細菌バランスを良好に保つ必要があります。

乳酸菌によって生成されるビオチンの働き

2015-03-12-01c

人の腸内環境を整えてくれる働きを持つ乳酸菌ですが、
それ以外にも「ビオチン」と呼ばれるビタミンBの一種を
腸内で生成する働きがあります。

このビオチンは別名ビタミンHとも呼ばれており、
皮膚炎を予防する効果がある事でその名を知られています。

ビオチンには基本的に皮膚の健康を保ったり、筋肉痛を緩和する等の
作用が期待できますが、それ以外にも美肌美しい髪の毛の生成にも
一役買っています。

このビオチンを人の身体は独自に生成することは出来ませんが、
腸内に乳酸菌を取り込む事によってビオチンの生成を助けることが可能となります。

そのため、皮膚の健康を保ったり美肌や美しい髪の毛の生成を
サポートしたいのであれば、定期的に乳酸菌を摂取する事が大切です。

ビオチンが欠乏するとどうなるの?

人の皮膚や髪の毛の健康を保つのに欠かせないビオチンですが、
このビオチンが欠乏してしまうと腸内の細菌バランスが崩れてしまい、
さまざまな弊害が生まれてきます。

ビオチンが不足すると髪の毛がやせ細ったり肌がカサカサになり、
不健康な皮膚に変化してしまうなどの影響が出てきます。

ビオチンが欠乏する要因としては、病気の治療などで抗生物質を飲んだり
大量の飲酒喫煙などが考えられます。

また、生卵を大量に食べ過ぎてもビオチン欠乏症になってしまうおそれが
あるので注意が必要です。

外見を美しく見せたい人にはオススメ

ビオチンを摂取することで髪の毛が綺麗になり、ツヤ・ハリが高まります。

他にも爪や皮膚などを綺麗にする効果もあるので、
外見を美しく保ちたいという方にも効果がある成分です。

乳酸菌をこまめに摂取して安定させよう

人間の体は食べたもので構成されているので、
常に乳酸菌を安定させることで健康をキープしやすくなります。

ということは「毎食」で摂取するということがポイントです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

乳酸菌サプリや乳酸菌飲料などを毎食取り入れてみましょう。
一度の量を多くするということではなく、
こまめに摂取することで乳酸菌が体内に安定して吸収されます。

ちょ〜ぐるとの詳細はこちら

お腹を壊しやすい・おならが臭い人必見

腸内環境が悪いと「お腹を下しやすい」「おならが臭い」という症状があります。

例えば、お酒を沢山飲んでいる人、食事が不規則な方・
バランスが悪い方などは特に注意が必要です。

このような方の場合、乳酸菌を摂取することで
腸内のバランスが整い、正常な働きに改善してくれます。

お腹の調子が良くなり、お腹にガスがたまりにくくなります。

腸内環境を整えるだけで健康な状態を取り戻すことができるので、
不足していると感じる方は早めに摂取しましょう。