私たちの健康を支えてくれている乳酸菌はいつどのタイミングで
摂取するのが良いのかを知ろう!

乳酸菌を摂取するベストなタイミングを知り、上手に腸内環境を
整えることが重要です。

健康維持を願うならベストなタイミングに乳酸菌を
体内に取り込みましょう。

効果的な乳酸菌の摂取時間や理想的なタイミングを正しく把握しよう!

乳酸菌について詳しく知ろう!

2015-03-12-02b

私たちは普段の生活でさまざまな食べ物を口にしながら栄養を補給しています。

中には身体にとって負担となったり病気の元となる栄養素も
少なからず存在しますが、ほとんどの栄養素は身体の成長を
助けたり活動を行うためのエネルギー源として活躍してくれます。

人間が活動するためにはたんぱく質や糖質、炭水化物などの
「エネルギー源」となる栄養素が不可欠ですが、
それとは別に「乳酸菌」などの体内に常在する善玉菌も
人が生きていく上で必要不可欠な存在です。

乳酸菌が多く含まれている食材

乳酸菌はヨーグルトチーズなどの発酵食品に多く含まれている
細菌として知られていますが、人間の体内に取り込まれると
ほかの腸内細菌の数やバランスを調整して
腸内環境を整える」という働きをしてくれます。

そのため、乳酸菌を飲むことで腸内環境を正常化させて
胃腸の働きをサポートすることが出来るのです。

腸内環境が整うことで、ガスの発生が抑制されたり、
胃腸の働きが整っていきます。

乳酸菌を飲むタイミングはいつが最適?

2015-03-12-02c

乳酸菌をいつ飲むのが有効かを考えたとき、
結論からいえば「食後」に摂取するのがベストだと言えます。

何故なら乳酸菌のような善玉菌は胃酸に弱いので、
空腹時に飲んでもあまり意味が無いからです。

せっかく体内に取り込んだ乳酸菌も、胃酸のせいでダメージを
負ってしまっては正常に働くことが出来なくなってしまいます。

そのため、乳酸菌を飲むのにベストなタイミングとしては
胃酸が薄まる「食後」が理想的なのです。

上手に摂取することで吸収率が高まるのでより効果が高まります。

どれくらい摂取すればいい?

これも良くある疑問ですが、必要以上に摂取しても
意味がないので注意してください。

ヨーグルトの場合は毎食に摂取したとして3つ
ドリンクの場合は大体500ml程度でしょう。

沢山摂取しても体外に排出されてしまうのであまり意味がありません。
毎日続けることで効果を高めることができます。

また少なすぎても意味がないので、バランスを考えて摂取することが大切です。

乳酸菌の摂取をサポートしてくれる栄養素

乳酸菌は効果的に摂取する事で、腸内環境を正常化したり
整えることに繋げられます。

乳酸菌をそのまま単体で摂取しても健康効果は得られますが、
乳酸菌の働きをサポートしたり助けてくれる栄養素を同時に
摂取することでさらに高い効果を得ることが可能となります。

乳酸菌の働きをより一層、活発にするためには
善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」や「食物繊維」を一緒に摂取することが効果的です。

オリゴ糖と食物繊維は乳酸菌のような善玉菌が食べるエサと
なって腸内細菌の活動を活発にする効果が期待できますが、
食物繊維に関しては便をかさ増しすることに繋がるので
便通が良くなる効果も期待できます。

乳酸菌を上手に摂取する為のコツ

乳酸菌は胃酸に弱いため、上手に摂取するためには
食後のデザートとしてヨーグルトなどの乳酸菌食品
意識的に食べることが大切です。

また、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維が
豊富なドライフルーツシリアルなどをヨーグルトに加えることで、
より一層の乳酸菌効果を得ることが出来ます。

もし普段からヨーグルトを食べる習慣があるのであれば、
これらの点を意識しつつ上手に乳酸菌を摂取していくことが大切です。

女性には強い味方

乳酸菌を摂取することで体内環境がとても整います。
健康で綺麗になりたい女性には強い味方です。

過剰に摂取しすぎても意味がありません。
乳酸菌を摂取する際も用法用量を守って取り入れましょう。
(ヨーグルト、ヨーグルト飲料など)

乳酸菌を上手に利用することで、更に元気な体を維持することができます。