驚くほど不味いと評判のオールブランを美味しく食べるコツやレシピを紹介!

オールブランには食物繊維が豊富に含まれているため、
腸内細菌の活動が活発になって便秘の解消に役立ちます。

オールブランが持つ驚くべき健康効果を徹底検証!
食物繊維が豊富で美肌効果もあるオールブランを毎朝食べて快調・快便を目指そう!

オールブランの概要とその効果について

oatmeal and strawberry

今、日本中で健康志向が高まる中、食生活を改善することによって
生活習慣病を予防したり健康の維持を目指そうという考え方が広まりつつあります。

そんな中、女性の間では「オールブラン」と呼ばれる小麦食品が注目を集めています。

オールブランとは小麦の「ふすま」のことで、
もう少し詳しく説明すると小麦の粒の「表皮」の部分を指します。

オールブランはシリアル系ダイエット食品の中でも
ダントツの「食物繊維の含有量」を誇ることで知られています。

味や食感については決して良いとは言えませんが、
食物繊維が豊富なので朝食として食べる事によって「快便」を目指すことが出来ます。

オールブラン40gに含まれる食物繊維の量を300gのレタスに換算すると、
一個分」を上回る量となります。

ちなみに成人女性が一日に摂取すべき食物繊維の量は約17gなので、
朝食にオールブランを食べるだけでその目安を軽くクリアすることになります。

また、オールブランはカロリーも控えめなので
ダイエットを目指す女性にとっても嬉しい食品です。

ただし、オールブランの味や食感は一般的に「不味い」と言われているので、
毎日続けて食べるためには「食べ方の工夫やアレンジ」が不可欠となります。

オールブランで便秘を解消しよう

食物繊維が豊富なことで知られるオールブランですが、
最近では便秘を解消するために毎朝オールブランを食べる女性も増えてきています。

一食分のオールブランにはレタス一個分以上食物繊維が含まれており、
この食物繊維が作用して腸内環境を整えてくれるのです。

もう少し詳しく説明すると、
食物繊維は腸内環境を整えてくれる善玉菌として知られる「乳酸菌」のエネルギー源となります。

つまり、食物繊維を多く摂取すれば乳酸菌の腸内活動が活発になり、
腸の蠕動運動も活性化するので結果的に便通が良くなるというわけです。

つまり、オールブランで食物繊維を定期的に補給することで
便秘の辛い症状を緩和して「快便」へと繋げることが出来るのです。

ちなみに乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの発酵食品に多く含まれているので、
オールブランを食べる際はヨーグルトをかけて食べると
乳酸菌と食物繊維を同時に摂取できるので更なる効果が期待できます。

オールブランの美味しい食べ方

2015-04-08-2c

味の悪さに定評があるオールブランですが、
少しの工夫とアイデアで驚くほど美味しくなります。

ここではオールブランの美味しい食べ方について
幾つかご紹介してみたいと思います。

まず第一に不味として知られるオールブランを美味しく食べるためには、
「他の食材」と一緒に食べる必要があります。

たとえばオールブランに「きな粉と豆乳、バナナ」をかけて食べると驚くほど美味になります。

また、ヨーグルトとバナナにチョコレートソースを加えて
オールブランにかけて食べるのもオススメです。

オールブランを食べる際に欠かせない「ヨーグルト」ですが、
このヨーグルトの使い方によって不味いオールブランを美食に変身させることが出来ます。

もっともシンプルな方法としては、オールブランにヨーグルトを掛けて
一晩置くだけで「レアチーズケーキ」のような味わいに変わります。

また、オールブランにハチミツをかけてオーブンで焼くことによって
通常とは違った食感を楽しむことが出来ます。

さらにオールブランに少しアレンジを加える事で、
甘い食べ方だけでなく「主食的」な食べ方も出来ます。

たとえばオールブランを敷き詰めて、
上からチーズとケチャップをかけてオーブンで焼くと「オールブランピザ」に早変わりです。

その他にも工夫やアレンジによって不味いオールブランでも
美味しい料理に早変わりするので、
試行錯誤しながら自分なりのレシピを追求していくことをオススメします。