料理でよく使われるあのオリーブオイル
オーガニックコスメ店ではオリーブオイルも販売されてますよね!

そういえばふだんオリーブオイル使わなくてたくさん残ってるなあ…
そんな方に!是非試して欲しいスキンケア方法があるんです!!

今回はオリーブオイルでできるお手軽スキンケア方法を紹介して行きます。
これであなたはオリーブオイルの料理以外の使い道また一つマスターしてしまいますね^^

オリーブオイルはどうやって肌に使うの?

2015-02-14b

オイルパック

お肌を保湿し、しっとりツヤツヤにしてくれます。
洗顔後コイン大くらいのオイルをお顔全体にのばします。

それから染み込む頃約3分後40度位のホットタオルでパックしましょう。
冷めてしまう前に軽く押さえるようにして拭き取りましょう。
これはお風呂あがりに、フェイスタオルを縦に二つ折りして
斜めに三つ折りにすると三角形の形になるので呼吸がしやすくてオススメです。

鼻のテカリが悩みの方は、鼻もしっかりめ温めてあげてください。

オイルマッサージ

お肌がイキイキ、ハリがでてムクミも解消されます。
お肌の負担を防ぐために、充分な量を使うとよいですね。
お顔のマッサージには、洗顔後、500円玉大くらいのバージンオイルを使います。

三本の指を使って、頬全体に逆三角形を描くようにお肉を持ち上げるのを
意識してやさしくマッサージします。

お顔のツヤやハリが違ってきます。指が慣れて物足りないときは
ゴルフボールを使うのも気持ちいいですよ。

強さは筋肉に負担かけすぎない『痛きもちい』くらいがベストです。

ボディマッサージ

入浴後に行いましょう。
基本は心臓に遠い方(足先や指先)から近い方(お腹やデコルテなど身体の真ん中)
に向けてマッサージしていきます。

冷え性の人は脚の爪先や膝の裏、肩コリには脇、
腰痛持ちには脚の付け根やお尻周りも重点的に手をグーにして血流のツマリを流して行きます。

マッサージ後は約40度のホットタオルを使用し、軽く押さえるようにして拭き取りましょう。

クレンジング

アイメイクや口紅など ポイントメイクをやさしくきれいに落とします。
クレンジングオイルで目や口周りが乾燥しやすい方にオススメです。

水で湿らせ、かたく絞ったコットンに少量の バージンオイルを含ませます。
目元や口元のメイクと なじませながら、そっとやさしく拭き取りましょう。
軽いベースメイクも落とせてしまいます。

ファンデーションなどもオリーブオイルを使えばやさしくきれいに落とせます。

お肌が傷つかないよう、お顔全体でコイン大程のオイルを使いましょう。
優しく指を使ってクルクルと螺旋を描くように毛穴奥まで入ったファンデーションを浮かせたあと、
ティッシュでそっと狭い範囲で分けながら拭いていきます。

その後ぬるま湯かお水で流すか洗顔料などで洗顔するとスッキリ落とせます。

クリームの代わりとして

オリーブオイルを使うことで、お肌がしっとりツヤツヤなります。
いつも通りのスキンケア後でオリーブオイルを付けましょう。

少量のバージンオイルを手に取り、一度手のひらにのばします。
それからお肌にやさしくそっと包み込むようにピタッとおさえるようにしてなじませます。
うるおいをラップする効果があるので、
たっぷり保湿してもすぐカサカサしてしまう方にオススメです。

ボディのカサつきにも

入浴後、タオルで拭き取ったあとにオリーブオイルを使うことで、
かさつきを押さえることができます。
先にオイルを塗ると、ボディ化粧水が浸透しないので
ボディローションを持ってる方は先に塗ってからオイルを使いましょう。

あと甘皮やささくれのケアにも使えます

まとめ

食用のオイルは最初抵抗がありますがオリーブオイルは紫外線に弱い
とも聞きますのでなるべく直接日光が当たらない場所に塗るか、
使うのはナイトケアのみにし、朝はしっかり日焼け止めを塗って乾燥対策をしましょう!

スキンケアなどに使うのはエクストラヴァージンオイルを選びましょう。
オリーブオイルは全身に塗ったりクレンジングにも使えてとても便利です。
重いアトピーや肌荒れで石鹸が使えないときに石鹸替わりにもできるので超乾燥.敏感肌にオススメです!