オリーブオイルが美容やダイエットに有効であるということは有名ですよね。
事実、オリーブオイルはスキンケア化粧品、
ダイエット食品など幅広い分野で使われ、その効果を発揮しています。

しかし、そんなオリーブオイルが実は、
美容・ダイエット以外にも高い効果を出すという事をご存知でしょうか?

それは便秘です。

ごはんを抜いたり食事制限によるダイエット中という方の中には、
便秘になって困っているという方も多いのではないでしょうか?

便秘が続くとお腹がポッコリと目立って来たり、
肌荒れが増えてきたりと美容面において悪いことが生じてくるようになります。

また便秘は大腸がんの要因にもなりますので、
健康面においても便秘は何一つ良いことはありません。

便秘解消には、適度な運動やこまめな水分摂取、
食物繊維を欠かさず摂取するなどが大切ですが毎日、続けるのは困難という方が多くいます。

しかし、薬にはなるべく頼りたくないという方も多いですよね。

そこで、オススメなのがオリーブオイルです。
オリーブオイルには、便秘解消へと導いてくれる素晴らしいパワーが秘められていたのです。

そこで今回は、オリーブオイルの便秘効果について、ご紹介します。

オリーブオイルとは

2015-06-02b

オリーブオイルは、オリーブの果実から絞られる植物オイルです。

オリーブは、地中海地方が原産で、主にイタリアやギリシャ、
スペインなどの地中海地方で古くから栽培され、
オリーブの実はそのまま食されたりすることもありますが
多くはオリーブオイルとして、様々な料理に活用され、
地中海地方では、日々の食生活に欠かせない食材となっています。

オリーブオイルの便秘効果とは

地中海地方では、便秘になると子供ならスプーン1杯、
大人ならスプーン2杯のオリーブオイルを摂取して、便秘を解消させると言います。

オリーブオイルには、オレイン酸という成分が豊富に含まれています。
オレイン酸は、不飽和脂肪酸で、常温で液体の状態を保つ液体油です。

対して、飽和脂肪酸は、常温で固まるバターやラードなどの固形脂です。

悪玉コレステロールは、血液をドロドロにし、
高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こしますがオレイン酸は、
この悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

そして、胃酸の分泌をコントロールし、中性脂肪のつきにくい体にします。
その整腸作用により、お通じが良くなっていくのです。

オリーブオイルの便秘効果
オリ-ブオイルの主成分であるオレイン酸は、
小腸で消化・吸収されにくい為、短時間のうちに直接、
大腸にまで届いて腸官を刺激し、蠕動運動を促進させてくれます。

それには15~30mlくらい比較的多めに摂取するのがベストです。

また便秘は水分不足になり、便が硬くなることでその深刻さが増していきます。
便が硬いと腸の中での動きが困難になり、便が出にくくなります。

しかし、オリーブオイルには70%以上ものオレイン酸が豊富に含まれています。
大腸まで届いたオレイン酸は、潤滑油の役割までしっかりと果たしてくれます。
これにより、便の滑りが良くなって、便が出やすくなっていきます。

このようにオリーブオイルには便秘解消に必要な水分もこのように、
便秘を解消する効果が高いと言われているのです。

便秘に効果的なオリーブオイルの摂り方

オリーブオイルによる便秘対策では、そのまま飲むことが最も効果があると言われています。

しかし、オリーブオイルは他の食用油と比べ加熱による酸化がありませんので、
普段の料理油をオリーブオイルに替えて、様々な料理に使うだけでもOKです。

ちなみにオリーブオイルは180℃くらいまで
加熱しても酸化しない為、揚げ物などにもオススメです。

直接オリーブオイルを摂取する場合、ヨーグルトにかけるのがオススメです。
ヨーグルトの乳酸菌とオリーブオイルのオレイン酸のWの効果で、より便秘改善に期待が出来ます。

また飲んで摂取する場合、朝に摂取するのが最も効果的ですが
効果が薄いと感じた場合、寝る前にもスプーン1杯のオリーブオイルを摂取してみてください。

まとめ

2015-06-02c

オリーブオイルは、ビタミンEやポリフェノールも
豊富に含まれていますので、美容にも期待が出来ます。

ちなみにオリーブオイルによる美容効果は、
便秘が解消されて、代謝が高まることで、更にアップすると言われていますので
便秘効果+美容効果までしっかり実感したいと言う方には最適ですね。