高い健康効果が期待できるオメガ3脂肪酸が摂取できる食材に関する豆知識。

生活習慣病を予防するためにもオメガ3脂肪酸を積極的に摂取しよう!
いわしやサバなどの青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸には
どのような健康効果が期待出来るのかを学んで健康維持に役立てよう!

オメガ3脂肪酸と対極のトランス脂肪酸の概要と特徴についても解説

オメガ3脂肪酸とは

2015-08-16b

私たちは日々の生活の中でさまざまな食品を口にしていますが、
中でもタンパク質や炭水化物と同じくらい「脂質」を摂取する機会に恵まれています。

現代に生きる日本人の食生活では肉や魚などをメインのおかずにして
白米を食す習慣が根付いてきています。

本来、人間が美味しいと感じる食品には多くの脂質と糖質が含まれており、
白米に合う料理にもこの脂質と糖質が豊富に含まれている傾向が見受けられます。

しかし、脂質や糖質を摂り過ぎてしまうと体内で「脂肪」が増えてしまい、
さまざまな生活習慣病を発症する原因となる恐れがあるので注意が必要です。

ただ、脂肪と聞くと悪いイメージを持つ人が多いかと思いますが、
基本的には人間の生命活動に必要な栄養素なので
全ての脂肪が悪者というわけではなく、「オメガ3脂肪酸」のように
健康維持に役立つ脂質も存在しています。

オメガ3脂肪酸はDHAやEPAとしてサバやいわしのような
「青魚」に多く含まれていて、さまざまな生活習慣病の予防に効果を発揮してくれます。

オメガ3脂肪酸は私たち人間が体内で
作りだすことが出来ない脂質のひとつなので、
青魚のような食品から摂取して補う必要があります。

現代人の食生活はどうしても肉食に偏りがちで
魚を食べる機会が減ってしまった為、
肉類の脂から摂取できる「オメガ6脂肪酸」が増えてしまう傾向があります。

しかし、食生活の偏りによって脂肪酸のバランスが崩れてしまうと
心血管系の病気を発症するリスクが高まってしまいます。

そのため、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスを保つ為にも
青魚などを定期的に摂取する必要があるのです。

一般的にオメガ3脂肪酸をバランス良く摂取することによって
動脈硬化を予防する効果や血中中性脂肪の低下、
血圧改善作用などが期待できると考えられています。

食事から一日に十分なオメガ3脂肪酸を摂取するのは難しいため、
サプリメントか、オメガ3をたくさん含むえごま油を摂取しましょう。

えごま油はスプーン一杯で一日の必要なオメガ3を摂取することができます。

トランス脂肪酸とは

私たちの食生活では食の欧米化による影響で「肉食」が蔓延していますが、
中でも最近では牛肉や羊肉、牛乳や乳製品のような食品に含まれる
「トランス脂肪酸」と呼ばれる脂質が社会問題となっています。

トランス脂肪酸は先に述べたように牛肉や羊肉、
牛乳や乳製品に微量に含まれる「天然のトランス脂肪酸」と
油脂の加工や精製の過程で発生する「人工のトランス脂肪酸」があります。

一般的には常温で液体の植物油や魚油に水素添加を行うことで
トランス脂肪酸が発生すると考えられており、特にマーガリンやショートニング、
またはこれらの食品を使ったパンやケーキなどの洋菓子などには多くのトランス脂肪酸が含まれています。

最近ではこのトランス脂肪酸を多く摂取する事によって発生する
「さまざまな身体への悪影響」が指摘されており、社会問題となりつつあります。

トランス脂肪酸を摂り過ぎた場合、
血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増えて
HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減少すると言われています。

そのため、日常的にトランス脂肪酸を多く含む食品を摂り続けた場合、
肥満やメタボリックシンドローム、心臓病などのリスクが高まると言われているので注意が必要です。

オメガ3脂肪酸と理想的な食生活

2015-08-16c

先述したようにトランス脂肪酸を多く含む加工食品や肉類、
乳製品を過剰に摂取し続けると健康にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

そのため、「オメガ3脂肪酸」のように身体に良い影響を与えてくれる脂質を
多く摂れる食生活を心掛けることが大切です。

オメガ3脂肪酸を多く含む食品としてはあじやサバをはじめとした
青魚が挙げられるので、こうした食品を積極的に食事メニューへ取り入れる必要があります。

また、肉類や乳製品は適度に摂りつつ
バランスの良い食生活を継続して送ることが重要です。

理想的な食生活としてはトランス脂肪酸を含まない食品が多く、
オメガ3脂肪酸を豊富に含む食品が多く取り入れられている「昔ながらの和食」が挙げられます。