オリーブオイルと聞いて知らないという人は、
大人であれば、ほとんどいないでしょう。

それほど私たちの身近なオイルになっているオリーブオイル。
しかし名前は知っていても、また使っている人でさえ、
オリーブオイルのことをよくわかっていない人が多いようです。

有名人や料理で人気のオリーブオイル。
美容や健康のために飲むという人もいますが、
もっとオリーブオイルのホントの話を知って、
正しい使い方がわかれば力もぐっとアップするに違いありません。

まずはオリーブオイルの原材料から

2015-04-19-1b

オリーブオイルの原料といえば、ご存知のようにオリーブの実から作られています。

オリーブは、モクセイ科オリーブ属に分類される常緑樹です。
地域によって差はありますが、たいてい5月~6月頃に白い花をつけ、
花が終わると小さな緑の実ができます。

11月頃から実は色づいて収穫期に入り翌年の3月くらいまで続きます。

オリーブの実は6月頃になると緑の皮に油の入ったしるしである白い斑点ができます。
収穫時期の10月~11月頃、皮は緑から紫へ変わります。

この頃が一番抗酸化成分が多く、さらに皮だけでなく
実の中まで紫になって完熟すると、実に含まれる油が最も多い時期になります。

収穫した実はすりつぶして、絞った果汁を遠心分離器にかけ油をとり出します。
この油をバージンオイルと呼び、
その中でもっとも品質の高いものがエキストラバージンオイルです。

オリーブオイルの歴史も知っちゃおう

オリーブの起源はかなり古く、
野生種は地中海沿岸からアフリカ北岸に自生していました。

これを栽培するようになったのは5000~6000年ぐらい前からといわれています。
オリーブ栽培を広めたのは、フェニキア人や、ギリシャ人、ローマ人たちであったとされています。

やがてコロンブスがアメリカ大陸を発見したことで、
オリーブ栽培はアメリカ大陸へ広がり、今日では世界各地へと広がって、
日本でも栽培されるようになりました。

よく知られているのは小豆島のオリーブですね。

明治41年に農商務省が三重、香川(小豆島)、鹿児島の三県で、
アメリカから輸入した苗を試作栽培しました。成功したのは香川(小豆島)だけでしたが
その後、研究が進み日本の他の地域でも栽培できるようになったのです。

オリーブとオリーブオイルにまつわる伝説

オリーブは世界各地の伝承や宗教の中に出てきます。
エジプトでは女神イシスがオリーブの栽培を教えたとされていますし、
ギリシャ神話では女神アテナと海の神ポセイドンが人々に喜ばれる貢物をめぐり争い、
湧水(駿馬ともいわれる)を贈ったポセイドンではなく、
豊かに実をつけるオリーブの木を生えさせたアテナが勝ちました。

この時からオリーブは勝利の象徴となり、
またオリーブの畑を戦争から守ろうとすることで平和の象徴となったといわれています。

その他にもさまざまな逸話があります。
ノアの箱舟の話の中で、ノアが放った鳩がくわえて戻ってきたのがオリーブでした。

二度目に放ったとき鳩は戻らなかったことから、そこに繁栄の大地、
肥沃な地があるということで、繁栄、肥沃の象徴にもなったという説もあります。

オリーブオイルは古代から現在まで、さまざまな宗教で聖油とされ、
詩人たちにも歌われてきました。
現在もそうですが古代地中海でも貿易の主要商品の一つでした。

オリーブオイルの使われ方、使い方

現在でも地中海地方ではオイルといえばオリーブオイルのことを指し、
日常には欠かせないオイルです。

料理に使うのはもちろん、美容や健康のために飲んだりもします。
オリーブオイルで化粧品石けんも作られています。

日本でもオリーブオイルが健康によいとブームにもなりました。
日野原重明先生が毎朝、茶さじ一杯のオリーブオイル、
エキストラバージンオイルをジュースに入れて飲んでおられる話は有名です。

エキストラバージンオイルの中に含まれているオレイン酸ビタミンE
ポリフェノールなどの成分は老化防止や美容によいとされていますし、
オリーブオイルを少量ずつ摂取することで心臓病予防になるともいわれています。

便通をよくしたり、肌の保湿効果もあります。
またクレンジングやかかとの角質を除去するのにも使えます。

かかとにはオリーブオイルと砂糖を1:1で混ぜたものを塗り、
マッサージ後ふき取る方法もあるようです。(参照URL:http://moteco-web.jp/beauty/14424)

オリーブオイルの偽物に注意!?

2015-04-19-1c

最近オリーブオイル、なかでもエキストラバージンオイルの偽物が
多く出回っていることがわかってきました。

販売されている8割以上はエキストラバージンオイルといえない添加物で調整した偽装品であるとのこと。

世界規模で偽物問題は起きているようです。
安いものや室温が10℃を下回っても固まらないものは、
他の油が入っている可能性も。

本物は自然な植物のよい香りがします。よいものを見分けて使いましょう。