ジャムによく使われているペクチンはよく知られていますが、
それが健康によい効果があることをご存知でしょうか?

意外に効果については知らない方が多いようです。
ペクチンは果物のかんきつ類リンゴ、野菜などに含まれる成分のひとつです。
それが健康によいのは、どんな効能があるからでしょうか。

また、ペクチンの種類やそれをどうやって取り出すのか、
美味しいデザートやジャムにかかせないこのペクチンの正体に迫ってみましょう。>

ペクチンというもの

2015-02-21-02b
ペクチンは植物の細胞に含まれる複合多糖類食物繊維
ガラクツロン酸が主な成分です。
一般によく知られているのは、リンゴかんきつ類のペクチンでしょう。

リンゴジャムやマーマレードに使用されていますし、
自分で作っている方は、ペクチンがジャムを作るのに必要不可欠
であることを実感しているはずです。
それがないとジャムは固まらないからです。

ペクチンにはジャムなどに使われるHMペクチンと乳製をゲル化させるLMペクチンがあります。
また食品添加物として抽出されたものが市販のジャムや
ゼリー、ヨーグルトなどの乳製品に安定剤として使われています。

ペクチンが健康によいというわけ

ペクチンは、人間の消化酵素では分解できないため
食物繊維として機能するといわれています。

食物繊維はからだによい効果を生み出します。
整腸作用があるので便秘下痢の予防
また血中のコレステロール低下の働きがあり、動脈硬化心筋梗塞の予防
食べてもすぐ急激に血糖値を上げないので糖尿病の予防にもよいといわれています。

そのほかにも、疲労回復、またペクチンには重金属の排泄作用があるので、
放射線物質セシウムの排出をうながす働きもあるのではないか、という考えや報告もあります。

ペクチンが多い食材とは

ペクチンが多く含まれている食材は、
果物ではユズミカンオレンジ、グレープフルーツなどのかんきつ類
リンゴ、イチゴ、ブルーベリー、柿、モモ、など。
野菜ではオクラ、パプリカ、サトウダイコンなど。

慣れたら誰でもできる?ペクチンの取り方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ペクチンは皮や細胞壁に含まれていますから、それを煮出せば取ることができます。
よく知られていてトライしやすいのは夏ミカンなどのかんきつ類かもしれません。

夏ミカンの場合、外の皮と内側の白い部分それと実についている薄皮、
種に含まれているので煮出すとそれがペクチンです。
マーマーレードにする場合は、外皮は薄くむいて白い部分と薄皮を煮こぼして苦みを取りましょう。

種類によって種も苦みが出ることがありますから外した方が無難かもしれません。

また、リンゴからもリンゴペクチンを作ることができます。
まずリンゴをよく洗い、表面の悪くなった部分を取ります。
それから4つ割にし、5ミリくらいの厚さに切ります。

鍋にリンゴと水、クエン酸を加えて煮ます。
沸騰したら少し火を弱めて沸騰させながら30~45分煮ます。
煮えたらそれを布ふきんで濾した煮汁がリンゴペクチンです。

煮沸した容器などに移して冷ましたものを冷蔵庫で1週間くらいは保存できます。
それを過ぎるようなら冷凍庫がよいとされています。

ペクチンで美味しい健康ジャムやデザートを

これまでみてきたようにペクチンには
健康によいさまざまな効果があることがわかりました。
ペクチンだけを取り出す方法もありました。

また、素材の種類によっても、よく効く範囲は違うようです。
リンゴペクチン整腸作用が優れていますし、
ミカンペクチン炭水化物の吸収を抑え内臓脂肪がたまるのを防ぐ働きが強いといわれています。

それらの特性を生かして健康によい美味しいジャムやデザートを作ってみてはいかがでしょう?

最後に、もっと簡単な摂取方法はサプリメントです。

参照:http://item.rakuten.co.jp/
調理する手間も省けますし、食事から十分に摂取できなかった場合の
補助として置いておくと便利ですよね。
アップルペクチンサプリのお求めはこちら