ステロイド薬の一種であるプレドニンには、食欲を高める副作用があります。
これによって血糖が上昇し、
他の病気を発症させてしまうきっかけになってしまう恐れもあるのです。

そこで、プレドニンと副作用、血糖を下げる方法など、
詳しくお伝えしていきたいと思います。

プレドニンとは

2016-07-12b

プレドニンは、副腎皮質ホルモン剤とも呼ばれていて、
ステロイド薬の一つとして炎症やアレルギー症状などに効果があります。

主に関節リウマチや喘息、膠原病、アレルギー治療に使われますが
薬の中でも最強と言われているほど強い効果を持つプレドニンは
他にも様々な病気の治療に使われています。

しかし、強い薬にはそれ相応の副作用があり、
代表的なものには顔に脂肪が付き、
むくんでいるように見える満月様顔貎(ムーンフェイス)や
体重の増加、下痢、嘔吐、発疹、発熱などがあります。

さらに危険な副作用には心筋梗塞や骨粗鬆症、
脳梗塞、糖尿病動脈瘤、緑内障、膵炎、
痙攣などがあり、命にかかわる恐れもあるのです。

こんなことを知ってしまうと飲むのを躊躇してしまうかもしれませんが
治療のためには非常に重要なお薬なので、
医師から出された場合はその指示通りきちんと服用しましょう。

副作用で食欲が増進するのはなぜ?

プレドニンを服用すると必ず感じるのが、
「食欲増進」の副作用になります。

詳しい原因はよくわかっていませんが、
服用されている方によると食べ物がいつも以上に美味しく感じてしまうため、
ついたくさん食べ過ぎてしまうのだそうです。

また、食欲が増進する以外にも、
脂肪も溜め込みやすくするという厄介な作用もあるので、
服用する量が多くなったり、長期間服用していると
どんどん体重が増加してしまいます。


そして、この食欲増進は服用する量によって変わると言い
一日5~10㎎程度までなら大丈夫ですが、
一日20㎎以上になると異常な食欲に悩まされることになります。

さらに、一日5㎎以下になると、今度は食欲不振を引き起こしてしまうそうです。

食欲が増えて血糖値が上がって別の病気になったりしないの?

プレドニンだけに限らず、
ステロイド薬にはインスリンの働きを抑制し
血糖を上昇させるという作用を持っています。

ですので、血糖値が上がり過ぎないようにするためにも
食事には十分気を付けなければいけません。

また、こちらの動画で血糖値が上がる仕組みと
改善方法が紹介されているので是非参考にしてみてください。

さらに、プレドニンの副作用で食欲に任せて食べ続けていると
いつも以上に血糖値が上昇するので、糖尿病や肝硬変、慢性肝炎、
急性膵炎動脈硬化、心筋梗塞、歯周病などの病気を引き起こすきっかけとなってしまいます。

それによって、プレドニンだけでなく
他の薬も飲まなければいけなくなる可能性もあるのです。


しかし、これは大量に投与した場合に起こるものなので
投与する量が少なかったり、量が減っていくと
症状が無くなることが多いそうです。

食欲増進効果で太らない為の対処の仕方

この食欲増進効果は服用中に起こるので、
薬の量が減るまでの間は食べるものや量に注意しないと、
体重があっという間に増えてしまいます。
https://twitter.com/misan928/status/714060499101425664
病気の症状や治療中のストレスもあり、
そこで食べるのを我慢してしまうのは大変ですので、
低カロリーでお腹が満たされるものを選んで食べるようにしましょう。

そして、ジュースやスナック菓子、肉・卵などの動物性脂質、
ファーストフードといった砂糖や油脂の多いものは控えてくださいね。
https://twitter.com/ds_zima07/status/670200104393904128
こうして意識するだけでも、効果はありますよ。

また、体重を減らすだけでなく血糖値を下げるためにも
適度な運動を習慣付けることをおすすめします。

まとめ

2016-07-12c

今回は、プレドニンについてや副作用の食欲増進と血糖の上昇、
その改善方法についてご紹介してきました。

プレドニンについてあまり知りませんでしたが、
とても優れた薬でその分副作用も多いということで、
非常に賛否の別れるものでした。

副作用ばかりご紹介してきましたが、
病気で苦しむ方にとっては強い効果を持つプレドニンが、
日常生活を送るうえでとても大事な存在で
副作用とうまく付き合うことが大切なのだと思いました。


また、補足として、どうしても空腹が我慢できずにお菓子を食べたい時には
市販のものでなく手作りや、マクロビオティックに
こだわってみてはいかがでしょうか?


参照:http://item.rakuten.co.jp/

使われている材料を考えて選ぶだけで、
満足感のある体に負担なくおやつを食べることができますよ。