今年流行すると言われている、ライスミルク。ご存知ですか?
通常のミルク(牛乳)、豆乳に続く第三のミルクとして、
今とっても注目されているんです。

その特徴はなんといっても「お米」を原材料としているということ。
玄米を原料とすることが多く、
ノンコレステロールであっさり味、そして栄養たっぷりなんですよ。

かたや健康やダイエット目的で愛飲している人も多いという、プロテイン。
実は今、ライスミルクとプロテインの相性がよいということで、
とっても注目されているんです。

ライスプロテイン、なんて製品もでているくらいなんですよ~。
そのライスミルクやライスプロテイン、どんなものなのでしょうか。

もう少し詳しく解説しようと思います。

聞き慣れないミルク…その名もライスミルク

2015-04-09-1b

ライスミルクとはその名の通りお米から作られるミルクです。

牛乳は牛の乳、豆乳は大豆から作られ、ライスミルクはお米から。
どれも名前が表すとおりなのですが(笑)、聞き慣れないミルクですよね。

そもそも日本人は昔からお米を食べてきました。
大豆も日本人とはとても縁の深い食べ物ですが、日本人と言えばやはりお米です。

でも「米乳」などというのは聞いたこともなく、「ライスミルク」ですよ。英語です。

そうなんです。ライスミルクは海外発のミルクなのです。
そしてブームになって日本にもやっと伝わってきた、ということなんですね~。

お米を主食にしている日本人としては、
どうしてそこに気がつかなかったんだ!ってちょっと悔しい気もします。

が、ともあれ海外発のライスミルク、とってもヘルシー栄養もあるんです。

ライスミルクの特徴とは?

ライスミルクの特徴は、まずはその味。
実はとっても淡白で、あっさりとしているんです。

人によっては先入観も相まって、
米のとぎ汁と勘違いしてしまうかもしれません(^-^;

でもサッパリ飲むことができるので、
牛乳や豆乳の独特の味が苦手な方には、飲みやすいと思います。

またほんのりとお米の味がして、
日本人ならどこか懐かしさを感じるかもしれません。

その成分も特徴的です。
ノンコレステロールで脂肪分も少ないため、
牛乳や豆乳でお腹を壊しやすい人でも安心して飲めるんです。

そして原料がお米ということもあり、炭水化物が多めに含まれています。

美容、健康のために飲まれている方も多いそうですよ。
また料理で牛乳や豆乳の代わりに使うことなんかもできます。

牛乳・豆乳にアレルギーがある方も、ライスミルクを使えば安心ですね(^-^)

プロテインと相性が良いんです

ダイエットのお供にいかがでしょうか?

ライスミルクは健康のためにとっても良いのですが、
実はダイエットのためのプロテインとも相性がいいんです。

プロテインにも様々なものがあります。
筋肉をつけるためのホエイプロテイン(原料…牛乳)、
エッグプロテイン(原料…卵白)などなど。

その中でもソイプロテイン(原料…大豆)は
ダイエット目的で飲まれる方が多いんですね。

ソイプロテインはたんぱく質イソフラボンを摂取でき、満腹感もあります。
プロテインと聞くと筋肉がついて体重が増えるんじゃないか?
ともしお思いでしたら、ソイプロテインを飲む習慣をつけてみることをオススメします。

とっても腹持ちがよくてヘルシーだし、高たんぱくなんですよ~。

そしてソイプロテインと相性バツグンなのがライスミルク。
ライスミルクにはたんぱく質がほとんど含まれないのですが、
それを補ってくれるのがソイプロテインなんです。

ダイエットをしつつ、きちんと健康状態を保つには
ちゃんと栄養をとらないといけません。

そこで、3食のうち1食をライスミルク+プロテインにしたりすれば、
栄養もとれて満腹感もバッチリ!なんですよ~。

これからブレークの予感!

2015-04-09-1c

ライスミルクライスプロテイン

ライスミルクはヘルシーで胃腸に優しく、栄養もたっぷりの飲み物です。

ダイエットのためのプロテインとも相性がいいですし、
ライスプロテインという製品も発売されているくらいです。

ダイエッターの間ではブームの兆しがきているとも言われていて、
ネットでは実際に飲まれた方の体験談などもたくさんあるんです。

色々なメディアでもライスミルク・ライスプロテインが取り上げられはじめており、
いずれ店頭などでも購入できるようになるかもしれませんね。

何はともあれ、健康・ダイエットに最適なライスミルク・ライスプロテイン!
もし興味がおありであれば、いち早くネットで
海外の製品などをゲットして試してみるのもよいのではないでしょうか。