ローフードとは何かを知り、健康生活に役立てよう!

ローフードを使った料理やジュースを定期的に摂取することで、
さまざまな生活習慣病を予防することが出来ます。

時間が無い人にはジューサーやミキサーを使って作る
「ローフード・ジュース」がオススメ!

ローフードで作ったヘルシージュースで効率良く健康を手に入れよう!

今世界中で話題のローフードとは

2015-03-15-03b

今、巷ではローフードと呼ばれる食べ物が話題となっています。

世界中のセレブが食べていることで評判となり、現在では
健康志向の人やダイエットを望んでいる人がローフードを
愛用する姿が目立つようになってきています。

ローフードというのは、簡単に言えば「生の食べ物」のことです。

美容や健康のためにローフードを愛用している人の多くは
生の野菜や果物」を中心とした食生活を送っています。

野菜や果物を生で食べる事によって、調理したり加工した場合よりも
植物が持つ酵素や栄養素を効率良く摂取できるので、
最近では「食事療法」として医療の分野でもローフードが
活躍の場を広げています。

体に大事な酵素について

私たち人間の身体にはもともと「消化酵素」と「代謝酵素」と呼ばれる
2つの酵素が備わっています。

消化酵素とは、食べた物を胃の中で消化するために
分泌される酵素のことで、代表的なものに「アミラーゼ」や「ペプシン」、
リパーゼ」などの分が挙げられます。

一方、代謝酵素は人間の身体で止まることなく行われている
代謝」の働きをサポートするための酵素で、人間の身体で
行われている「呼吸」や「血液の循環」、「毒素の排泄」や「栄養の吸収」、
「ホルモンの分泌」などの活動は代謝酵素が深く関与しているのです。

健康を維持するには欠かせない酵素

人間が健康的な身体を維持するためにはこの2つの酵素の
バランスが非常に重要となってきます。

もし一方の酵素がたくさん使われて、もう一方の酵素が
使われなくなってしまえば酵素バランスが崩れて
体にさまざまな悪影響が出てきます。

現代人の食事は主に「消化酵素」を多く使い、代謝酵素を使わない
メニューが多いので常に酵素バランスが崩れやすい環境と言えます。

しかし、体内の消化酵素をあまり必要としないローフード
食べる事によって代謝酵素の働きが活発になり、酵素バランスを
あるべき姿に戻すことが出来ます。

ローフードを効率良く摂取するには

2015-03-15-03c

健康を維持する為に効果的なローフードですが、生の果物や
野菜をそのまま食べるよりもジューサーやミキサーを使って
ローフード・ジュース」にした方がより効率良く健康効果を得られます。

最近ではスムージーと呼ばれる、ローフードを丸ごと使って作る
ドリンクが人気を集めていますが、どちらにしてもローフードに
含まれる栄養素を効率良く摂取したいのであれば、
ミキサーやジューサーを使って食材をドロドロの状態してから
体内に取り込む必要があります。

ジューサーを使ってスムージーやミックスジュースを作るのであれば、
さまざまな種類のローフードを使って多くの栄養素を同時に摂れるように
工夫することが大切です。

また、せっかくローフードをジュースやスムージーにしても味が悪いと
長続きしないので、味の面にも配慮する必要があります。

まずは果物を主体にしつつ、味や香りがそれほど濃くない野菜
チョイスしてジュースやスムージーを作っていくことが大切です。

ローフードを使ったジュースの作り方

最近はローフードを使ってジューサーやミキサーでミックスジュースや
スムージーを作り、朝食代わりに飲む人が増えてきています。

時代の移り変わりと共に健康志向が高まったことで、健康維持に
良いとされるローフードに注目が集まり、ローフードに含まれる栄養や
酵素を効率良く摂取できる方法としてジュースやスムージーが
注目されるようになったのです。

ジュースとスムージーの大きな違いは、作る過程で「水を加えるかどうか」です。

ジュースを作る際、ミキサーを使用すると水分が足りない場合に
よく回らないので、水やミルクを混ぜてからジュースにします。

一方でスムージーはジューサーを使ってローフードを一気に粉砕し、
果物や野菜の繊維質や皮も丸ごと液状にしたものになります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

どちらかというとスムージーの方が食材を丸ごと摂取できるので
オススメの飲み方だと言えます。
ジューサーのカップに専用のフタを取り付けると
タンブラーとして使えるものが洗い物も最小限に抑えることができて便利ですよ。
パーソナルブレンダーのお求めはこちら