あなたはマクロビオティックについてご存知でしょうか。
自然由来の食品を主とした食事法のことなのですが、
これにはいろいろと制約があり、そのなかの一つとして乳製品を控える必要があるのです。

しかしながら、乳製品、特に牛乳が必要になった場合、
代替品としてライスミルクという食品があります。

このライスミルクはマクロビオティックに取り入れても問題ない食品なのです。
このことについて、これからご説明していきます。

マクロビオティックとは

2015-06-01b

マクロビオティックは無農薬、自然農法で栽培された玄米雑穀、
野菜、そして、海藻など、古来からの日本の食事をベースとして、
健康的な生活を送ることを目指す食事法のことであります。

このマクロビオティックは自分の生活拠点としている土地の食材を
取ることを勧めています。

また、食材はできるだけ加工せず、自然なままで摂取すると良いそうです。

このマクロビオティックには、いろいろと注意するべき点があります。
基本的に野菜を中心とした食事法なので、
動物性の食品を控えないといけない必要があるのです。

この動物性の食品には、肉や乳製品も含まれます。
これらは絶対に取ってはいけないということではないのですが、
控えるべきだとされています。

しかしながら、どの食品を控えて、どの食品を取り入れるのかは
個人の判断に任されているので、そこまで強く考えることもないでしょう。

このようにマクロビオティックの食事法では、
動物性である乳製品を控えるので、基本的に牛乳を飲むことがありません。

しかしながら、牛乳の代わりになる食品があるのです。それがライスミルクです。

牛乳の代替品、ライスミルク

ライスミルクはその名の通り、お米から作られたミルクのことです。

原材料はお米の他に水、食塩、植物油などがあります。

これらの原材料から分かるように、ライスミルクには
動物性の食品を一切使われず、植物性の食品のみで作られているのです。

そのため、ライスミルクは
マクロビオティックに向いている食品だと言えますね。

また、ライスミルクは低カロリー低脂肪ノンコレステロールの食品であり、
ダイエットにも効果的でしょう。

そして、砂糖が入っていないので、自然な甘さであっさりと飲むことができます。
このライスミルクは牛乳によるアレルギーがある人、
それに加えて、牛乳を飲むとお腹が弱くなる人たちも問題なく飲むことができるのです。

以上のことから、ライスミルクは自然由来の食品なので、
マクロビオティックに取り入れることができるでしょう。

おわりに

2015-06-01a

いかがでしたでしょうか。
マクロビオティックという野菜などを中心とした食事法は
いろいろと制約があるため、始めようとするのに少し難しいと考えるかもしれません。

しかしながら、このマクロビオティックに関しては強制されることはないので
自分のペースで行えば良いと思います。

ライスミルクはお米からできているので、
牛乳と比べても低カロリー、低脂肪の食品であります。

マクロビオティックだけでなくダイエット中など、
牛乳を控えておきたい場面では、ライスミルクを飲むと良いでしょう。

味の好みもあると思いますが、自作できるということなので、
レシピをアレンジしてみて自分好みの味を探してみても良いかもしれません。

今回はマクロビオティックでの
控えるべき食品の対処法についてご説明してきました。

マクロビオティックでは、ライスミルクのように
控えるべき食品の代替品を用意することで、
普段と変わらぬ食事を取ることができるのです。

このように、少し工夫してみることで、問題が解決することもあります。
このライスミルクの他にも、代替品がある食品が見つかるかもしれませんね。