ホメオパシー同種療法と呼ばれ、同種の法則に基づき症状を押し出して治す方法。
症状を抑制する治療とは対極にある治療法で、自然治癒力に作用する民間療法の一種です。

リンパ節が炎症を起こし腫れることがありますが、感染が全身に回らないよう働くために起こる症状です。
熱や痛みを伴うつらいリンパの腫れの原因と、
ホメオパシーのリンパの腫れへの効果についてまとめました。

リンパの腫れが起こる原因とは?

体には網目のようにリンパ管が張り巡らされています。
ウィルスや細菌に感染するとリンパ節が炎症を起こして腫れる症状が起きます。
感染を全身に広げないための防御作用で、リンパ管の節目リンパ節が腫れる症状をリンパ節炎と言います。

リンパ管の節目にあたるのがリンパ節で、1〜25mm程度のそら豆の形をしており、
頸部(首)やわきの下、そけい部に多く集まっています。

リンパ管の中にはリンパ液が流れており、ウィルスや細菌を回収しリンパ節で処理します。
リンパ節が腫れるのは免疫が働き異物と戦っている証拠なのです。

耳の周りにあるリンパ節が腫れると内耳炎の疑いがあります。
内耳炎は耳の最も奥にある内耳が細菌感染して発症する耳の病気です。
耳のリンパ節が腫れるとともに耳鳴りの症状を訴える人がいます。
内耳炎の他にもリンパ液が中耳に漏れる外リンパ瘻や、風邪のウィルスの侵入などでも起きるようです。


リンパ節が腫れる原因としては
そのほかに虫歯口内炎湿疹などがありますがこれらは細菌の影響によるものです。
目の腫れとリンパ節の腫れが同時に起きているケースでは細菌感染による目の疾患の可能性があります。

リンパ節が腫れたら睡眠をとるなどして安静にすることが大事です。
消化吸収の良い食事を心がけ、水分補給もしっかりしましょう。
熱や痛みを伴うため解熱鎮痛剤を使用しがちですが、
腫れてすぐ飲むとリンパの働きを妨げ症状が長引くことがあります。
痛みを和らげるには冷やすと効果的です。

リンパの腫れに効果的なホメオパシー

レメディは症状を起こす食品を何度も希釈して超微量に薄められており、体の自然治癒力に作用します。

「レメディー」とは、ホメオパシー療法において自己治癒力を触発するために使用する食品のことで、砂糖玉の形状をしたものや液体(アルコール)のものなどがあります。
ホメオパシーの基本原理である2つの経験則、同種の法則と超微量の法則に基づき、
ある症状を起こす物質を、元の物質が1分子も含まれないほど希釈した後、砂糖玉やアルコールなどの媒体に添加して製造します。

リンパの腫れに効果があるレメディはどんなものがあるのでしょうか?

自己免疫力を向上させる
グラファイティス
炎症初期に効果を発揮する
アコナイト
炎症を抑えてくれる
マザーチンクチャー

この3つがいいのではと考えられますが、レメディの効き目には個人差があるのを忘れてはいけません。
体の変化を実感する人もいれば、全く効かなかったと感じる人もいます。
レメディを選ぶには、次のような情報が必要です。

  • 付随する症状の有無
  • からだの左右のどちら側に症状が出ているか
  • 思い当たる原因があるかどうか
  • 症状が緩和する、又は悪化するのはどんなときか
  • 痛みの種類や感じ方

レメディは自然治癒力を揺り動かすものを選択しますが、
その種類は3000種以上あると言われています。

選び方がわからない人は
ホメオパシーの専門家ホメオパスのいる店舗に出向いてセッションを受けて選択しましょう。

免疫力を上げてウィルスや細菌に強いからだを作る

リンパ節の腫れはからだがウィルスや細菌と闘っているために起こる症状。
ウィルスや細菌に負けないからだを作るには免疫力を高めるのがポイントです。

そのためには、どんなものを摂取すると良いのでしょうか?

乳酸菌を含む食品

ヨーグルト・チーズ・キムチ・味噌・塩麹など

免疫細胞の7割は腸に集まっています。
腸内環境を整える乳酸菌ビフィズス菌を含む食品を積極的に摂り、腸内環境を整えましょう。
善玉菌のえさになるオリゴ糖を併せて摂るとさらに効果的です。

オリゴ糖を含む食品

黄な粉・甜菜・ごぼう・小豆など

活性酸素が過剰に発生すると、免疫細胞の働きを低下させる原因にもなります。
抗酸化力の高い食品を摂ることでこの活性酵素を抑制することができ、
免疫力アップにもつながります。

ビタミンA・C・Eを含む食品

細胞を老化させる活性酸素を抑えるために高酸化力が高いビタミンミネラルを補給するのも効果的。

積極的に摂取したいのはビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3つのビタミン。
抗酸化力免疫細胞活性化のふたつの効果が期待できます。
免疫ビタミンと呼ばれるLPS(リポポリサッカライド)も積極的に摂りたいビタミンのひとつです。

ブロッコリー・水菜・ほうれん草・ニラなどにビタミンは含まれます。

亜鉛を含む食品

うなぎ・生牡蠣・ビーフジャーキー・パルメザンチーズなど

免疫力向上のためには亜鉛・銅・マンガンなどのミネラルも補給しましょう。

銅を含む食品

ゴマ・アーモンド・干しえび・黄な粉など

マンガンを含む食品

ヘーゼルナッツ・生姜・玉露・アーモンド・ゴマなど

カンタンに取り入れられるのはオリゴ糖!

免疫力を高めるための食材を挙げていきましたが、
食事から十分に摂取するのも毎日料理するのも大変ですよね。

そんな時に今使っている砂糖と置き換えるだけで摂取ができるオリゴ糖が良いですよ(*^^*)

これなら毎日飲むコーヒーに入れたりと手軽に取り入れる事ができます。
ほんのりとした甘さなので、甘いのが苦手でも心配はありません。
お料理に入れても味がさほど変わらないくらいです。

ただ甘いだけの白砂糖より、腸のために働いてくれるオリゴ糖の方が健康にも良いですよね(*^^*)

まとめ

  • リンパが腫れるのはウィルスや細菌の感染を全身に広げないための防御反応である
  • ホメオパシーでの治療で使うレメディは、原因やからだの状態などの情報をもとにして選択する
  • リンパ節の腫れを防ぐにはビタミンやミネラルの補給で免疫力を向上させることが有効である

リンパが腫れる原因と対策、ホメオパシーについてまとめましたがいかがでしたでしょうか?
リンパが腫れるのは免疫が働き、ウィルスや細菌からからだを守るための防御反応が原因で起こります。

免疫力を向上させるビタミンやミネラルの補給が予防につながります。
症状を抑える薬を処方する対症療法に対し、
ホメオパシーは同種療法と呼ばれる自然治癒力を利用した治療法です。
ホメオパシーのレメディを選ぶにはさまざまな情報を必要とし、適切なレメディの選択が治療の鍵となります。