食中毒の原因となるウイルスは様々あります。
そのひとつにロタウイルスがありますが、
大人の間では流行することはほとんどありません。

ロタウイルスの特徴は、
小さい子供の中で流行するという特徴があるのです。
その症状は悪化すれば、最悪死に関わるものになってしまうもの。

では、ロタウイルスはどのように感染し、
その原因は一体どういうものなのでしょうか?

ロタウイルスとは?

2015-12-24b

ロタウイルスは、主に1〜4月ごろに
小さい子供の間で流行する下痢症の原因となるウイルスです。

ロタウイルス下痢症、嘔吐下痢症などと呼ばれます。
その名の通り、ロタウイルスに感染して発症すると
水っぽく白い下痢が出て、さらに嘔吐も1日に何度も繰り返します。

さらに、38度ぐらいの熱が出る症状も出ます。
このロタウイルスは、小さい子供であれば
100%感染するといわれているウイルスで、5歳までには感染するといわれています。

とはいえ、大人もこのウイルスに感染するのですが
ある程度の年齢になればロタウイルスに感染しても
免疫によって症状が出ないことがほとんどなんですよ。

ただ、ロタウイルスに感染する月齢によっては
症状が重くなることが多く、最悪命に関わることもあるので、
小さいころに感染した時には注意が必要な病気とも言えます。

大量の下痢、嘔吐のため脱水症状を併発することもあるため、
ロタウイルスに感染した時には水分補給を心がけるようにしましょう。

ロタウイルスの原因は?

では、どうしてロタウイルスに感染するのでしょうか?
ロタウイルスの原因は経口感染です。
つまり、口の中から体内に入ることで感染するということです。
とはいえ、口の中に入る方法は様々です。

ロタウイルスに感染した食品を口にすれば、
当然ですがロタウイルに感染しますし、
ロタウイルスに感染した人の吐しゃ物や便などから二次感染する場合も多々あります。

便の中にはロタウイルスが何億個も含まれていますが、
人は10個ほどのロタウイルスでも十分感染してしまうため、
ロタウイルスの感染力は非常に高いのです。

原因食品はどんなもの?

ロタウイルスに感染してしまう原因食品とはどういったものがあるでしょうか?

ロタウイルスの原因食品となるのは、二枚貝です。
牡蠣、あさり、しじみなど口にする機会の多い二枚貝ですが、
二枚貝はロタウイルスの感染源となる可能性が高い食品です。

二枚貝というとノロウイルスばかり注目されてしまいますが、
実はロタウイルスの原因ともなるんです。

加熱しても完全に死滅するとはいえないウイルスだからこそ、
生で食べることはかなり危険だといえます。
そのため、子供はもちろんですが
大人も出来るだけ二枚貝は生で食べることは控えることをおすすめします。

ロタウイルス予防法

ロタウイルスは、最悪死に関わる可能性があるからこそ、
軽視できない感染病です。

ロタウイルスは、二枚貝を食べること以外では
人からの経口感染になってしまうからこそ、
事前に出来る予防法を知っておきましょう。

手洗い

ロタウイルスの予防法として一番は、とにかく手洗いです。
ロタウイルスがどこかに付着していてそれを触り、
その手で食べ物を食べることがロタウイルスに感染してしまいます。
そのため、とにかくこまめに手洗いをすることが一番の予防法になるのです。

手洗いの後にこういったもので消毒することをオススメします。
手を拭いた後に1ポンプ押すだけなので面倒なくできますね。

洗濯

家族でロタウイルスに感染した人がいる場合、
感染者とそうでない人の洗濯ものをわけることも予防法になります。
嘔吐物が飛んで服についてしまっている可能性もあるので、
嘔吐しているしていないに関わらず別々に洗濯をするようにしましょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

もし嘔吐物がついてしまった場合は
ハイターに浸け置きしてから洗濯すると安心です。
ハイターの詳細はこちら

風邪をひいた大人に注意

大人がロタウイルスに感染しても、
免疫力があるために症状がほとんど出ていないか
ちょっとした風邪ぐらいの症状で済むことが多いです。
そのため、家族の大人で風邪だと思っていたものが実はロタウイルスで
小さい子供に感染させてしまうという例もよくあるそうです。
そのため、大人がちょっとした風邪かなと思った時にも
子供に感染しないように自宅でもマスクなどをして予防しましょう。

まとめ

2015-12-24c

ロタウイルスに感染すると、
大人にはほとんど症状がないですが小さい子供が
感染すれば最悪死に至ることもある危険なものです。

ロタウイルスは二枚貝を食べることで感染することがほとんとですが、
感染者からの二次感染する可能性も高いからこそ、
予防をしっかりとするようにしましょう。

また、小さい子であれば任意の予防接種があるので、
それを打っておけば症状が悪化してしまうリスクを下げることにつながりますよ。