ロタウイルスは、乳幼児などの小さな子供がかかりやすいウイルス性胃腸炎です。
他のウイルス性胃腸炎よりも下痢や嘔吐の症状が激しくなりやすく、

入院が必要になることもある感染症です。
子供がロタウイルスに感染したら、どうしたらいいのでしょうか。
病院では、ミヤBMという薬を処方されることが多いようですが、
どうやって子供にうまく飲ませればいいのでしょうか?

ロタウイルスとはどんなもの?

ロタウイルスは、ロタウイルス感染症を引き起こす原因となるウイルスです。
ロタウイルスは、0~2歳くらいまでの乳幼児が感染しやすく、5歳くらいまでにはほとんどの子供が感染します。

ロタウイルスのtwitterでの話題に、大人が感染してしまったという書き込みがありました。


気をつけていても、感染してしまうことはあります。
でも、大人は重篤化しにくいので、他の人に移さないように気をつけながら治していくといいですね。

ロタウイルスの流行時期は、だいたい1~4月頃です。

ロタウイルスに感染すると、下痢や嘔吐の症状が、
他のウイルス性胃腸炎よりも激しく起こりやすいので、ときには入院が必要になるほど強力な感染症です。

ロタウイルスに感染すると、時には熱も39度以上の高熱が出ます。
激しい下痢が続くため、脱水症状を起こしやすくなっているので、
子供がロタウイルスに感染したら、水分補給をしっかりさせてあげることも大切です。

下痢などの症状は、だいたい1~2週間くらい続きます。
その後は自然に落ち着いていくのですが、下痢の症状が重い場合、
脱水症状を起こして、最悪の場合死に至ってしまう危険もあります。
なので、下痢の症状が重い場合は、病院での診察を受けるようにして下さい。

ロタウイルスの予防接種

ロタウイルスには、予防接種もあります。
ただ、予防接種を受けたからといって、100%ロタウイルスに感染しないわけではありません。

また、ロタウイルスの予防接種は義務ではなく任意なのでかかる金額も高くなってしまいます。
ロタウイルスの予防接種を受けることのメリットとデメリットをよく考えて判断して下さいね。

予防接種のtwitterでの話題もあります。


やはり高額になってしまいますね。
でも、かかる率が下がるのなら仕方がない出費なのかもしれません。

ロタウイルスについてはこちらの記事もご参考に♪

ミヤBMって何?

ミヤBMは、1968年から発売されている、昔からある整腸剤です。
ミヤBM錠という錠剤と、ミヤBM細粒という粉薬があり、
ミヤBMは、酪酸菌の一種の宮入菌を含有しています。

酪酸菌とは、もともと動物の腸内にいる菌です。
酪酸菌の一種の宮入菌が、腸内のバランスをとる役割をしてくれる薬が、ミヤBMです。
ミヤBMは、化学物質を使っていないので、大きな副作用がないことが特徴です。

また、腸内のバランスをとる薬なので、下痢にも便秘にも使用でき、
胃酸で殺菌されにくいので、生きて腸まで届きやすいという特徴もあります。
抗生物質に耐性があるので、抗生物質と併用しても大丈夫な整腸剤です。

ミヤBMのロタウイルスへの効果は?

ロタウイルス自体に効果のある薬は、今のところありません。
下痢や嘔吐も、身体の外にロタウイルスを排出するために出る症状なので、
下痢止めなどで止めることもしない方が良いのです。

なので、ロタウイルスへの薬の処方は、整腸剤などを処方するにとどまります。
ミヤBMは、そういった整腸剤としての役割を期待してロタウイルスに処方されます。

整腸剤としてのミヤBMの話題が、twitterにありました。


胃腸風邪にも、ミヤBMは処方されるのですね。
身体に優しい整腸剤だから、安心して服用できるのはいいですね。

ミヤBMの副作用は?

先にも書きましたが、ミヤBMは化学物質を使っていない整腸剤です。
もともと腸内にいる酪酸菌が有効物質として配合されている薬なので、
ミヤBMを服用することで、副作用が出ることはまずありません

ミヤBMは子供が飲んでも大丈夫?

ミヤBMは、子供が飲んでも大丈夫な安全な整腸剤です。

ただし、身体の大きさによって飲む量が変わってくるので、
供の年齢によって、飲む量を調整する必要があります。

例えば…一日の摂取量の目安

新生児
100mg
6ヶ月の乳児
300mg
1歳児
350mg
3歳児
500mg

というように、子供の年齢によって、処方される量が変わります。

ミヤBMは、子供への処方量ははっきり決められていないので、医師の判断によって量を調整します。

こちらの記事でもミヤBMについて詳しく説明しています。

ミヤBMを子供や赤ちゃんに上手に飲ませる方法は?

ミヤBMは、無味無臭の薬なので、何の味もしません。
苦かったりしないけど、甘いわけでもないので、子供が進んで飲む薬ではないようです。

そんな子供に、ミヤBMを上手に飲ませるには、どうすればいいでしょうか?

乳児への飲ませ方

一般的な薬は、ミルクなどに混ぜると薬の味がミルクなどに移ってしまい、
赤ちゃんがミルク嫌いになってしまうこともあるため、ミルクなどに混ぜて飲ませない方がいいと言われます。

でも、ミヤBMはミルクに混ぜても味が変わらないのが特徴です。

だから、ミルクを飲むくらいの年齢の赤ちゃんにミヤBMを飲ませるときは、
ミルクに混ぜたり、事前に赤ちゃんの口の中に指でミヤBMを塗ってからミルクを飲ませたりして服用させると良いでしょう。

幼児への飲ませ方

離乳食を食べるくらいになった子供へのミヤBMの飲ませ方も赤ちゃんのときと変わりません。

離乳食に混ぜ込んだり、果物のジュースに混ぜたりして服用させます。

ミヤBMの味についてのtwitterでの話題もありました。


おいしくも不味くもないという表現が、ミヤBMの無味無臭をわかりやすく表現しています。

みやBMは市販でも買えるの?

ミヤBMは、処方薬なので市販では売っていません。
でも、急いでミヤBMのような薬が欲しいときもありますよね。

そんなときは、ミヤBMと同じ宮入菌が入っているミヤサリンという薬が市販されています。

病院に行く時間がないときなどは、ミヤサリンを買えばよいでしょう。
医薬部外品なので、通販でも手に入るのは嬉しいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ロタウイルスの症状や、整腸剤のミヤBMについて書いてきました。

ロタウイルスには、特効薬がありません。
かかってしまったら、無理に下痢嘔吐を止めようとしないで、
ミヤBMのような整腸剤で腸の調子を整えて、症状が収まるまで安静にしていましょうね。

ミヤBMをもらいに病院に行く時間がないときは、市販薬のミヤサリンでも効果は変わりませんよ。

ロタウイルスを予防してもかかってしまったら、ウイルスが早く体外に出るようにしながら
周りに移さないよう気をつけて、身体を大切にするようにして下さいね。