木枯らしが吹きつける季節になりました。
寒さもなんのその、ウインタースポーツの到来とばかり、
雪の降るのを心待ちにし、スキー場の営業開始とともにスキーを担いで出かける人。

今、話題の五郎丸(2015年流行語にもなった)。
ウチの五郎丸を探しにラグビー場巡りをして、走り回る選手に声援を上げる。

寒さをもろともしない、山登りに山下り、
1本にタスキを肩にひた走る選手に沿道から、
力いっぱい小旗を振り声をからしての応援・・・
と飛び回っている人には無縁かもしれない、しもやけのお話です。

しもやけは人間の防御反応か?

Young woman smiling, looking out window

人間は恒温動物です。
常に同じ体温を保ち、夏でも冬でも活動できるようにできています。

そうでない動物、爬虫類や両生類などは変温動物と言われ、
気温が下がれば、活動量が低下し、死ぬか冬眠に入ってしまいます。

急に外に出て寒さにあたったら震えが来たり、
鳥肌が立つなどして体温が奪われないように、体を守るための反応が起こります。

気温が4〜5度くらいで日中と夜間の温度差が
10度以上になると発生しやすいと言われます。

最近は夏でも、冷房の影響でしもやけの症状が出ることが報告されています。
職場で発生が多いのですが、適正温度の設定や模様替え、
冷気の噴き出し場所の工夫など職場ごとでの対策が必要です。

しもやけの仕組み

人間は寒さにあうと生命維持のため、
身体で重要な部分(中枢)の体温を守ろうとします。

そのため、手足(抹消)の血管を収縮して、体温が下がるのを防ごうとします。
手足の方は、生命維持のために、
置いてけぼりを食うことになり、それがしもやけとなって現れます。

ですから、しもやけが出ないような服装や工夫をしっかりしないと、
命が危なくなるんだよと警告をしてくれるという、
防御反応・警告ブザーのようなものといえるのではないでしょうか。

しもやけで命が・・・

しもやけだけでは命を落とすようなことはありません。
しかし、しもやけだと思っていたら、
その陰に別な病気が潜んでいることもありますから、
注意して対策をしていても、しもやけを繰り返すようであれば、
一度受診して検査を受けることをお勧めします。
特に女性の場合甲状腺ホルモンの病気が考えられます。

しもやけも重症化すると

低温で血液の循環が衰えてくると、
末端の手足が冷たくなり血の気が失わた色である、白色化します(白ろう化現象)。

その後青黒く(チアノーゼ)なります。
そうなると手の感覚などは失われてしまいます。

そこに低温が解消され温まってくると、
血液を送り込む動脈と回収する静脈とにずれがあるため、
血液が滞留し痛みや腫れ、かゆみ、潰瘍、水泡やびらんができるなどの症状がでます。
そうなれば治療が必要となります。

しもやけを治すには

しもやけを治すには、まず体を温めること。
しもやけの出た手足を温めることも大切ですが、全身を温めることが必要です。

手を温めるために、家に必ずあるであろうホッカイロ。
手でもみもみするだけでなく、首元に当てれば体がポカポカしてきますよ。

貼るカイロも、背中の首に近いところへ貼ると
全身が温まりますよ(*^^*)

そうすることで体温全体を上げ、
抹消の血管を収縮しなくてよくなった状態にします。
次にしもやけによって起こった手足の赤くなって腫れあがる、
かゆみ、痛みといった炎症を回復させるために、ビタミンEの含んだ軟膏を使用します。
ビタミンEは滞った血行を促進させる効果が期待されます。

しもやけをニンニクで

ニンニクを使って治すという方法が民間療法として紹介されています。
方法は簡単で、ニンニクをすりおろし、
その汁をしもやけになったところに塗って、5〜15分で洗い流すというものです。

ニンニクの刺激で患部がポカポカして暖かくなってくるというものです。
注意として、刺激が強いで15分以上は塗ったままにしないことです。

このほか、全身の健康状態として、
貧血や動脈硬化がある末梢血管の血液の流れ悪い場合しもやけが出やすくなります。

でもやはり女性の場合、にんにくを食べるのは抵抗がある日もありますよね。

サプリだとニオイも軽減されるでしょうから、
試してみるといいかも(*^^*)

昔のしもやけと今のしもやけ?

日本も数十年前、国民の栄養状態が悪く、
暖房施設も十分でなかったのですが、よく学校で授業中に
しもやけで手がかじかんでノートが取れず、
ストーブから遠い席の者は手袋をして授業を受けてもいいぞという先生もいました。

現在は食糧事情も良くなっていますが、
無理なダイエットで、見た目はいいのですが
身体の中身は終戦食後のような栄養状態になっている若い女性もいると言われています。

健康が土台でその上に美しさがあること考えましょう。
「しもやけ美人」って聞いたことないですよね。
ニンニクはしもやけに効くだけでなく、
食べても健康を作っていく上でも良さそうです。