秘訣はここにあり!食物繊維アトピー改善!
生まれつきの体質とはいえ、痒み、肌荒れなどのつらい症状が
いつも付きまとうアトピー性皮膚炎。

アトピー患者の皆さんは、
改善のためあらゆる方法を試したことがあると思います。

そんなアトピー体質改善の鍵を、食物繊維が握っていることをあなたは知っていましたか?

今回は、アトピーと食物繊維の関係について、詳しくご説明します。

アトピー性皮膚炎が起こるしくみと腸内環境

2015-05-21b
元々皮膚のバリア機能が低下しやすい体質に、
体内へのアレルゲンの侵入時に抗体を作る力が強すぎることにより、
アトピー性皮膚炎は起こります。

それに疲れやストレスなどの様々な要因が絡み合って、
症状が悪化したり、些少なアレルゲンでも大きな症状を引き起こしたりすることも。

この、様々な要因の中で大きな位置付けを占めるのが、腸内環境です。
腸内環境の悪化により、アトピー性皮膚炎の症状に悪影響を及ぼすことが知られています。

例えば、便秘がちになると肌荒れがひどくなったりするのは、
アトピー体質でなくてもよく聞く話ですが、
お肌のバリア機能が症状の重さを決めるアトピー性皮膚炎にとっては、
健常な体質の人より便秘からの悪影響を受けやすくなっているのです。

腸内細菌とアレルギー反応

では、なぜ腸内環境がアトピーの症状を左右するのでしょうか。

腸内細菌と名のつくものには、数えきれない種類が存在しますが、
その中でも大雑把に悪玉菌善玉菌の2種類に分かれていることは、
あなたもよく知っていると思います。

その悪玉菌の中の、特にカンジダ菌というカビ菌の一種に、
アレルギーを起こす体質の人が、アトピー性皮膚炎の患者の中に多く見られます。

腸内の善玉菌が少なくなってくると便秘になり、
便秘になると腸内の悪玉菌が優勢になることはよく知られていますよね。

そうなると、その悪玉菌の一員であるカンジダ菌も増えてしまうわけです。

アレルゲンであるカンジダ菌が大量に体内にあるとなると……、
アトピーの症状が悪化してしまうのは、想像がつくことでしょう。

腸内環境を良くするためには?

カンジダ菌を始めとする、悪玉菌を体内で増やさないためには、
善玉菌を増やし、便秘にならないための生活習慣を心がける必要があります。

そのために重要なのが、最初にお話しした食物繊維なのです。
食物繊維を豊富に含む食品を意識して食べることによって、
お通じがスムーズになり、便秘による悪玉菌の増加を防ぐ事ができます。

また、食物繊維の種類の一つ、水溶性食物繊維は、
腸内で発酵・分解され、善玉菌の栄養素となります。

これにより、善玉菌が増え、腸内の菌のバランスが良い方に傾くのです。
また、腸内の毒素や余分なコレステロールを吸着し、
体外に排出させるデトックス効果も期待されます。

このような食物繊維の働きによって、
結果的に悪玉菌が増えにくい身体作りをすることができるんですね。

食物繊維を多く含む食べ物は?

先ほども説明したように、善玉菌の養分となる水溶性食物繊維は、
にんにくやゆり根、おくらやなめこ、こんにゃくやモロヘイヤなどに多く含まれます。

水溶性食物繊維は、ぬめぬめとした食感が特徴ですから、
ぬめりの多い食品に多く含まれている傾向があります。

また、便の体積を増やし、便意を催しやすくする不溶性食物繊維は、
筋っぽい食感の食品に多く含まれます。

例えば、野菜ではごぼうやニラ、また、大豆やいんげん豆などの豆類全般、
果物だと干し柿やプルーンなどのドライフルーツに多いです。

食物繊維の1日の理想的な摂取量は25g〜30gです。
必要な量を、これらの食材からうまく摂るようにして、腸内環境を整えたいものです。

そして、それにより便秘が解消されると、
アトピー性皮膚炎の改善につながります。

まとめ

2015-05-21c

このように、食物繊維を意識してたくさん摂ることと、
アトピー性皮膚炎の改善には密接なつながりがあります。

もちろん、薬や病院での処置によって治療をすることはとても重要ですが、
食生活の改善は、日頃から自分で気を付けることしかできない部分です。

また、現代人の食生活は、食物繊維が不足しやすい傾向にあります。
その生活が定着しすぎてしまって、便秘が日常になってしまっている人も多いはずです。

もし、あなたがずっとアトピー性皮膚炎で苦しんでいて、
しかも便秘がちな体質なら、一度ものは試しと思って、
食物繊維をたくさん摂るように心がけてみてはいかがでしょうか。

アトピー性皮膚炎に限らず言えることですが、
健康な身体は食生活が占める部分がとても大きいものです。

だからあなたも、身体の悩みを解消するため、
まずは食事から見直してみることをおすすめします。