便秘を解消し、腸内環境を良くする食物繊維
現代の日本人の食生活では、不足しがちな栄養素の一つです。

それを補うため、食物繊維が添加されたサプリメント、シリアルなどが人気となっています。

でも、食物繊維って、身体に良いからと、
どれだけ摂っても影響は無いのでしょうか?
一日上限なくたくさん食べても問題ないのでしょうか?

実は、そうではないのです。
食物繊維の摂り過ぎによって起こる悪影響は、少なからずあります。

今回は、その食物繊維の摂り過ぎによって起こり得る症状を、ご説明します。

食物繊維の必要摂取量と上限

2015-07-05b

食物繊維が、日常で不足しやすい栄養素ということは、冒頭でお話ししました。
一日に摂取するべき量としては、成人女性で最低17g、
健康を維持するためには20g~25gが目安とされています。

まず、よほど野菜を摂るように心がけているとか、
健康食品の類を取り入れているなどしなければ、
現代の食生活では、最低量の17gを満たすことも難しいものです。

ですから、20gを摂取することは、かなりの努力と工夫が必要となります。

そのため、厚生省の栄養摂取基準では、
食物繊維の摂取上限量を定めてはいません。

ですが、何事も程々が大事。
食物繊維を、必要摂取量から大幅に上回る量を摂取するのは避けるべきです。

どの程度なら、オーバーしても問題ないのかというと、
人間の一日の理想の便の量などから考えて、
総摂取量が40g程度までなら、許容できる範囲とされています。

つまり、20gを基準とするなら、
その倍程度は摂っても問題が無いということですね。

では、食物繊維を摂り過ぎると、身体の中でどんな現象が起こり、
生活する上でどんな害が出るのでしょうか。

それについては、次項でご説明します。

食物繊維の摂り過ぎによる害

便秘
まずは、便秘になりやすくなってしまうということ。
便通改善のために摂っているのに、便秘になるとはどういうこと?と思うでしょう。

これは、2種類ある食物繊維の片方、
不溶性食物繊維によるものなのです。

この不溶性食物繊維は、便の量を増やす役目を持つ成分。
これを摂り過ぎると、便の量が増えすぎてしまうということは想像がつきますよね。

便が増えすぎるとどうなるかというと……、
お尻の穴から出にくくなってしまうのです。

そんな状態にもかかわらず、
便秘を解消しようと食物繊維を摂り続けていると、
詰まったお尻の穴に上からどんどん便が下りてきて、
ますます便が大きく固く積み重なってしまい、重症の便秘になってしまいます。

ミネラルの排出過多
また、食物繊維には、余分な塩分を吸着し、
排出する働きがあると聞いたことはありませんか?

この効果は、過剰でなければ、高血圧やむくみ解消などに役立つ働きです。

ですが、食物繊維の摂り過ぎにより、
塩分の排出のし過ぎとなってしまうと話は別です。

塩分も、摂り過ぎはいけませんが、身体に必要な成分の一つなのです。
ですから、体外に排出され過ぎるとなれば、それは危険な傾向です。

そして、食物繊維によって排出されてしまうのは、塩分だけではありません。
鉄分や亜鉛など、身体にとって欠かせない、他のミネラルまで排出されてしまうのです。

もちろん、通常量の食物繊維では、少々のミネラルの排出はあるものの、
健康に影響のある範囲のことではありません。

あくまで、過剰に摂取した場合のお話ということですね。

まとめ

2015-07-05c

食物繊維一日の必要摂取量と上限値、
それを超えて摂り過ぎた場合の身体への影響について、ご説明しました。

通常の食生活を送る上で、
天然の野菜や果物などから摂取する分には、摂り過ぎということはまずありません。

食物繊維を摂ることを目的とした栄養補助食品や
サプリメントを利用すると、かなりの量の食物繊維が簡単に摂れてしまいます。

ここで、「食物繊維は摂れば摂るほど良い」という誤った認識により、
過剰に摂取してしまっては大変。

先に挙げたような悪影響が出てしまうのです。
便通の改善のために摂取したのに、逆にひどい便秘になってしまっては本末転倒ですよね。

ですから、ここでしっかりと、食物繊維の適正な摂取量を理解して、
便通や腸内環境の改善に役立てられるようにしたいものですね。