私たち日本人にとって無くてはならない食材としても知られる海苔には
驚くべきパワーがあるって本当!?

海苔に含まれる栄養素や秘められた効能について徹底解説!
海苔に含まれる豊富な食物繊維によって腸内環境を正常化しよう。

海苔には食物繊維以外にも熱に強くて壊れ難いビタミンCや
カロテンなどの栄養素が豊富に含まれています

海苔に含まれる栄養素について

2015-06-04b

私たち日本人が古来より食してきた海苔には
驚くべきパワーが秘められています。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

私たちが焼き海苔や味付け海苔として
一般的に食べているのはアマノリと呼ばれる種類ですが、
この海苔に含まれる栄養素は野菜やフルーツに匹敵するほどだという事実を
知る人はそれほど多くは無いのが現状です。

まず、海苔にはレモンの二倍とも言われる量のビタミンCが含まれており、
美容に良い食材としても知られています。

通常、ビタミンCは熱に弱いため、
調理するとそのほとんどが失われてしまいます。

しかし、海苔に含まれるビタミンCに関しては非常に熱に強く、
焼いても栄養素が破壊されないといった特徴を持っています。

また、人参に多く含まれる事で知られるカロテンも含まれており、
実は海苔の方が人参よりもカロテンの含有量が多いというデータも出ています。

さらに胃腸の健康には欠かせない食物繊維に関しては、
なんとゴボウの七倍もの量を含有している事が分かっています。

そして海苔には貧血を予防する為の鉄分も豊富に含まれており、
海苔を食べる事によって血液不足を補う効果なども期待できます。

海苔にはビタミンC以外にもビタミンAビタミンEなどの
抗酸化作用の強いビタミン類が豊富に含まれており、
互いに協調する事によって悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。

さらに海苔には疲労回復に良いとされるタウリン
たっぷりと含まれているので、疲れ気味の人にとっても嬉しい食材となっています。

焼き海苔のお求めはこちら

海苔を食す事で得られる健康効果とは

海苔は非常に栄養価の高い食品として知られていますが、
それと同時に低カロリーのダイエット食としても有名です。

焼き海苔は一枚3g程度で約6kcalほどしかなく、
大量に食べてもほとんど太る心配は無いと言えます。

また、海苔の重量の4割ほどはタンパク質なので、
割台だけで見れば大豆や鶏卵などよりも高い割合で
タンパク質が含まれている事になります。

また、海苔にはポルフィランと呼ばれる
肥満抑制効果のある成分が含まれています。

そのため、海苔を中心とした食生活を送ることで肥満の予防・改善、
ダイエットなどの効果を得ることが出来ます。

さらに海苔に含まれるEPAには血液の血小板の凝集を抑制して、
血液中に血栓が出来るのを予防する働きがあります。

そのため、海苔を日常的に食べる事によって
血液サラサラ効果を得る事が出来て、
更には血栓が原因で引き起こされる心筋梗塞や脳卒中などの
重篤な病気をも防ぐことに繋がります。

また、海苔に含まれている乳酸多糖と呼ばれる繊維には
人間の身体が備えている免疫力をアップさせる効果が期待できます。

そして海苔に豊富に含まれている食物繊維
腸の活動を支える腸内細菌のエサとなる為、
腸内環境を整えたり改善する効果を得ることが出来ます。

その結果、辛い便秘が改善される等の効果が期待できるのです。

海苔の上手な活用法を紹介

2015-06-04c

パリパリとした食感にほんのり磯の香りが感じられる海苔
白米との相性がバッチリですが、ここではおにぎりや海苔巻き以外にも
活用できる方法を幾つか紹介してみたいと思います。

焼き海苔が湿気を吸収してしまった場合、
多くの人は食感や香りが損なわれてしまったと感じるはずです。

しかし、湿気った海苔を水と醤油、みりん、砂糖、ごま油、
ゴマなどと一緒に煮込む事で簡単に海苔の佃煮に出来てしまいます。

また、作った海苔の佃煮を使って海苔チャーハンを作ったり、
パスタソースを作ってみても面白いと思います。

また、湿気を吸収してしまった海苔を使って
韓国海苔を作るという手もあります。

韓国海苔を作る場合はゴマ油を湿気った海苔に塗ってから軽く炙り、
仕上げに塩をまぶせば簡単に完成します。