暑くなる夏には、ただ暑さを感じるだけではなく
それによって体調に変化が起きることも多いです。

特に夏バテとして食欲が落ちることが多いですよね。
でも、どうして夏になると食欲が減退してしまうのでしょうか?

さらに食欲を回復させたり減退させたりする食べ物などについてもご紹介していきます。

夏の食欲減退が起きるのはなぜ?

2016-06-09a

そもそも夏に食欲が減退してしまうのはどうしてなのでしょうか?
それは、体で自律神経が乱れさらに水分不足が起きて、胃腸の働きが悪くなるからです。

具体的にご説明すると、
私たち人間の体には自律神経といって体温などを調節する機能がついています。

夏は、気温の高さに合わせて汗を出すことによって
体温を下げるように自律神経が調節してくれているのです。

ですが、気温の高いところから急に冷房がきいた部屋に入れば
体は汗を出して体温を下げる必要がなくなるのです。

とはいえ、その環境にすぐに対応できるわけでもないので
自律神経は気温の変化に必死に適応しようとしますが、
夏は外に出たり室内に入ったりと気温の変化もめまぐるしくなるため
自律神経へかなりの負担がかかり、自律神経が乱れてしまうのです。

また、併せて、体温を下げるためにかく汗のための水分が
夏は大量に必要ですがその水分が足りないと
それが体調不良を引き起こす原因となります。
そして、夏の暑さによって通常は胃腸にいくはずの血液の量が少なくなってしまいます。

つまり、胃腸の働きが悪くなります。
さらに、汗によって体内の塩分も不足しますが塩分不足は胃酸を減らすことにつながります。

ただでさえ胃腸の働きが悪いにも関わらず、
冷たい飲み物やアイスなどで胃腸を冷やしてより働きを悪くしてしまうのです。
こういったことが重なるため、夏には食欲が減退してしまうのです。

食欲を回復させるのは夏野菜!

夏に食欲が減退してしまった場合、
その食欲を回復させる方法のひとつとして夏野菜を食べるということがあげられます。

夏野菜は、トマトやピーマン、茄子やトウモロコシなどとにかくカラフルです。
このカラフルな色自体が食欲を刺激して、食欲を回復してくれます。

さらに、食欲不振で低下しがちな栄養でもあるビタミン類も
しっかりと補ってくれるのです。
もちろん、野菜なので味もさっぱりとして食べられるので
食欲が低下している時でも食べやすくなっていますよ。

白湯は食欲を減退させる?

夏バテによる胃腸機能の低下や冷たいものを摂りすぎた場合の
胃腸の低下の改善のために、白湯を飲むことが良いとされています。

白湯とはお湯を沸かして少し冷ましてから飲むものですが、
温かい白湯は機能が低下した胃腸を温まり血流が良くなるため、
白湯は胃腸機能の改善に効果的なのです。

ですが、一方で夏の食欲減退を改善させたい場合には
白湯はあまり良いものではありません。

というのも、白湯ダイエットというものがあるほど
白湯は食欲を減退させる、食欲を抑える働きがあるのです。
食事の前に白湯を胃に入れると、
自然とお腹が満たされて食べすぎを防止することができるというダイエットです。

胃腸の機能を改善はしてくれるものの夏の食欲減退を
より強くしてしまう可能性があるということは忘れないようにしましょう。

食欲をコントロールする方法は?

夏バテによって食欲が減退したり、
逆に食欲が抑えられなかったりして「食べる」ということに悩みがある場合もありますよね。

食欲を抑えるような野菜や白湯は食欲を抑えるのに最適ですが
逆に食欲をコントロールして食欲をアップさせることはできるのでしょうか?

バジル

バジルの香りは食欲をアップさせる効果があります。
バジルペーストなどにするのが難しくても、
パスタやサラダなどに少し
加えて香りを感じられるようにしてみましょう。

ネバネバ食品

納豆・オクラ・モロヘイヤ・山芋・めかぶなどネバネバとした食品には
ムチンという成分が含まれています。
このムチンは、胃腸の粘膜を保護してくれたりタンパク質の消化吸収を
助けたりなどの働きがあるため食欲アップに効果的なのです。

まとめ

2016-06-09c

夏の食欲減退には理由がありますが、
その改善のためにはやはり食事の中で上手に工夫することが大切です。

また、夏の暑さのせいで冷たいものを
どうしても口にしてしまいがちですが
それを意識して控えるだけでも効果的ですよ。