いよいよ夏本番!毎日、暑い日が続きますよね?
汗もたくさんかくので、
水分補給もしっかりする事が大切ですが、
逆に水分を取りすぎてしまうと、下痢になってしまうのです!

そこで今回は、「夏場に水分を取り過ぎるとなる病気や体調不良」、
水分過多による胃腸の不調」、「下痢と水分の関係」、
「正しい水分補給方法」について紹介していきます。

夏場に水分を取りすぎるとなる病気や体調不良って?

2016-07-25b

適度な水分補給は必要ですが、
あまり1度にたくさんの水分を取ってしまうと、
水が胃に負担をかけ、胃液を薄めてしまうため消化不良を起こし、余計にバテてしまいます。

また、冷たい水を飲んでしまうと、
さらに胃腸に負担をかけてしまうのです。
そして吸収率の低下、肝臓の働きを下げる(老廃物の除去、胆汁分泌、解毒作用の低下)、
冷え、低体温による免疫力の低下に繋がってしまうのです。

東洋医学では水分が溜まり過ぎることによる体の不調を「水毒」と呼びます。
この水毒は以下のような症状が出ます。

  • むくみ
  • 下痢
  • 頭痛
  • 手足の冷え
  • 立ちくらみ、めまい
  • 二日酔い
  • リウマチ
  • 花粉症
  • 吐き気、嘔吐
  • 貧血
  • 熱中症
  • 脳梗塞
  • 疲労感
  • 精神疾患
  • 子宮内膜症

この水毒による症状でつらい思いをしている方も結構いらっしゃるようです。


もし水毒の症状が出てしまったら、
次の改善方法を試してみましょう!

体を温めるようにすること!

体内の余分な水を排出するには、体を温める事が効果的です。
運動をしたり、ゆっくりと湯船に浸かったりして、
汗をかくことで余分な水分を外に出します。

また、夏だからと言って冷たいものばかり口にするのは控えましょう。
たまには体が温まる食品はこちら
(リンゴ、ゴボウ、ニンジン、ショウガ、海藻、赤身の肉・魚、黒砂糖、
玄米、そば、紅茶、みそ、しょうゆ、天然塩、タバスコ、シナモンなど)
温かいものも取るようにしましょう。

適度な運動で筋肉をつける!

筋肉が衰えると体内に余分な水分を溜め込みやすくなってしまいます。
適度な運動をすることで筋肉がついたり、
血行がよくなって代謝が上がり、むくみにくい体をつくることができます。

おすすめはスクワットです。
椅子にこしかけるような感じで腰を落とし、
この体勢を7秒間キープしたらゆっくり元の姿勢に戻ります。
これを最初は5~10回から始め、
慣れてきたら少しずつ回数を増やしていきましょう。

マッサージをする!

水毒で体の中にたまっている水は体液です。
体液の巡りを良くするには、リンパの流れを良くすることで改善されます。

なので、リンパをマッサージしてあげると
体液の流れも良くなり、水毒も解消されるのです。
とくに鎖骨の下やワキの下、内くるぶしの下のマッサージは水毒解消に効果的です。


水分の取りすぎによる胃腸の不調や下痢とは?

水分を取りすぎると胃腸の機能が低下し、
胃酸が薄くなったり、消化機能が低下してしまうため
食欲不振や胃もたれ、消化不良が起きやすくなるのです。

また、水分の取りすぎは下痢にもなってしまいます。
これは腸で吸収可能な水分量を超過して、水分を摂取するために起きます。

短時間で大量の水分を取ると胃腸が拒絶反応を起こし、
腹痛と下痢につながってしまうのです。

さらにミネラルウォーターの中でも、
硬水に分類されるものはマグネシウムが多く含まれており、
体内に吸収されにくく、大腸の水分吸収を阻害してしまいます。

そのため、飲み過ぎると下痢の原因になってしまうのです。
特に胃腸がデリケートな方は、下痢を引き起こしやすくなるので、
あまり胃腸への負担をかけないように冷たいものを避けたり、
大量の水分を取るのは控えましょう。

正しい水分補給の方法とは?

たくさん水分を取るのはダメだけど、
取らないのもダメならどれぐらいの水分を取ればいいのか気になりますよね?

そこで正しい水分補給の方法を紹介したいと思います。

何を飲めばいいのか?

基本的には水かお茶がおすすめです。
特にミネラルウォーターはミネラルを補えるので水分補給には適しています。

運動などでたくさん汗をかいた時には、
スポーツ飲料のような塩分や糖分が入ったものがいいでしょう。

飲むタイミング

基本的なこととして、水分は喉が渇く前に飲むということが大事です。
喉が渇いたと感じるときには体がすでに脱水気味になっているというサインになります。

また、喉が渇いたタイミングで飲むと、
一気に大量の水分を取ることになり、
胃が重くなって腹痛を起こしてしまうので、
喉が渇く前に少しずつこまめに水分補給をしていきましょう。

飲み方と量

暑いので冷たいものを飲みたくなるものですが、
常温の水を取るのが理想的です。

常温の水は身体に吸収されやすく、
代謝を上げる作用も期待できるため、
冷たいものよりも常温のものがいいでしょう。
また、1日に取る水分量は1.5~2.0リットルがいいと言われています。
1回200mlを目安に1日に6~8回に分けて飲むのが理想的です。

まとめ

2016-07-25c

私たちにとって水は、なくてはならない重要なものです。
ですが、その水が取りすぎることによって、私たちの体に害をもたらす場合もあります。

正しい水分補給方法や量を守って、体の中から健康を目指しましょう!