スムージー好きは要注意!ほうれん草にはアクがあります!

ジュースよりも植物繊維たっぷりで美味しいスムージー。
手軽にミキサーで出来ちゃうのも魅力です。

とくにグリーンスムージーにはまっているアナタ、
緑のお野菜にほうれん草を使うときは要注意。

ほうれん草にはアクがあります。
青々としたほうれん草、きれいですよね。

そのまま入れたくなりますが、ちょっと待った!
アクはからだに良くない成分といわれています。

そのアクについてこれから見ていきましょう。

アクって何?どんなもの?

2015-04-20-1b

アク=悪?って言いたくなっちゃいますが、そうではなく灰汁と書きます。
文字どおり灰汁は藁灰や木灰を水に浸してできる上澄みの水のことです。

昔はこの灰汁で食品の強いクセ、えぐみや渋み、
苦みなど不快な味をとるために使いました。

そのため現在では、食品のもつ強いクセのことを
灰汁(アク)というようになったといわれています。

灰汁は食品のアク抜きだけでなく、
アルカリ成分であるため洗剤や漂白剤としても使用されてきました。

江戸時代には灰汁桶というのがあって、
灰と水を入れた桶から出る水(灰汁)で洗濯していたそうです。

また灰汁を、ちまきやソバの原料として使う地域もあります。

アクの成分と種類も見てみよう

アクの成分には、カリウムカルシウムマグネシウムなどの無機質のものと、
シュウ酸ポリフェノールサポニン配糖体などの有機物のものがあります。

食品のアクには、魚介類や肉などを煮たとき出る動物性のものと、
味や健康を害するおそれのある成分を含む植物性のものに分けられます。

生物は外敵から身を守るためにアクを持っているといわれます。
植物は、害虫や草食動物などの外敵から食べられてしまうのを避けるために、
苦みのアルカロイドや渋みのタンニン酸、えぐみのシュウ酸などを持っているのです。

ほうれん草にもアクがある

ほうれん草のアクとしてよく知られているのは、
カルシウムの吸収を阻害するシュウ酸です。

シュウ酸は体内のカルシウムと結合してシュウ酸カルシウムとなります。
それが蓄積されると結石となり、腎結石などの原因となります。

また肥料からとりこまれた発がん性を疑われる硝酸態窒素が、
ほうれん草には多く残留していることが多いので、それもアクといえるかもしれません。

どうすれば安全に食べられるの?

ほうれん草は、ビタミンやミネラルも豊富で栄養価の高い野菜です。
ですから昔から日本ではアク抜きをして食してきました。

お湯でゆがけば、アクはすべてではありませんが、流れ出ます。
すでに結石のある人は制限しなければいけませんが、
健常な人が食べるのには問題はあまりありません。

ただ微量でも長年食べ続けると蓄積するということを考えれば、
毎日食べるのは控えたほうがよさそうです。

生で食べる場合は、できるだけサラダ用のほうれん草を使いましょう。
最近はアク抜き法もいろいろいわれていますが、
シュウ酸以外の硝酸態窒素や農薬などのことを考えると湯がいた方が安全性は高いといえます。

アクのないほうれん草もあります。

サラダにも使えると料理の幅が広がりますよね(*^^*)

旬のものを食べよう

2015-04-20-1c

年間のほうれん草の成分を調べたデータによると
カロテンやビタミンCの含有率は旬の時期が最も多く、
ビタミンCは特に変動が大きいそうです。

最大含有月の12月は、最低月の9月より4倍も含まれているのです。
参照データ:http://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/joho/0811/joho01.html

ですから、どうせ食べるなら旬のものを食べる方が栄養価は高いということですね。
それならゆがいてミネラルが少々流出してもまだましかもしれません。
足りない栄養は他のもので補えばいいのです。

現在では、ほうれん草は年中手に入ります。
けれどもそれを旬以外の時期に育てるにはかなり肥料も必要といわれています。

育つために必要な肥料ですが、余った分は野菜の中に残留します。
これは、化学肥料でなく有機肥料を使う有機農法でも
あまり変わらないという報告もあります。

安全面でも旬のものがよいという理由です。

美味しく安全なスムージーを摂るためにも、
またほうれん草を安全に食べるためにも、野菜に含まれるアクについて知り、
より健康な食生活をおくりましょう。