誰もが発症する恐れのある帯状疱疹は痛みのある皮膚病とも言われています。
水ぼうそうのウイルスが体内に潜伏し再び疼痛を伴う疱疹として現れます。

この帯状疱疹はどうやって治療するのか、
また、どのくらいの費用がかかるのか効果的な食べ物は?など詳しく調べていこうと思います。

帯状疱疹の原因と症状

まだ体の免疫が整っていない子供が発症する水ぼうそうは、約1週間程度で回復します。
しかし、ウイルスが完全に死滅するわけではなく体内の目立たないところで潜伏しているのです。

ストレスなどで免疫力が落ちると潜伏していたウイルスが再び活発化して帯状の、
痛みのある疱疹として体のあらゆる部分に表れます。


顔面の帯状疱疹は顔面神経麻痺失明にも繋がるので注意が必要です。


痛みが激しいため、注意喚起も出ています。

はじめは、体の左右どちらかに痛みが走りそのあとに赤い斑点が出てきて水疱が出来ます。
発疹が出る頃には強い痛みを感じるようになる症状はわりとわかりやすい病気です。
ウイルス性のため、抗ウイルス薬を用いて治療していきます。

薬は効くまでに2日ほどかかります。
約1週間投薬し、あとは病気の進行具合によって追加するかどうか決めるそうです。

水疱瘡についてはこちらの記事でも詳しく説明しています。

抗生物質の効果と治療期間と費用

点滴で治療すると2日間ほどの入院で治療できますが
なかなか入院となると仕事や費用面でも難しい場合が出てきます。

抗生物質の場合は1週間ほどの治療期間が必要ですが
痛みが治まるのが1週間ほどで、キレイに疱疹が跡形もなくなるには1ヵ月ほどかかるようです。

個人差はありますが、稀に副作用が出る方もいます。
費用としてはだいたい5千円以上1万円未満という目安で受診から薬代まで賄えるようです。


良薬は口に苦しと言いますので、味は我慢点ですね。

疱疹の発症について

体の左右どちらかに痛みが走ることから
帯状疱疹と言いますが両側に発症する場合もあるようです。

帯状疱疹自体は主に胸や背中に出ることが多いようで、
あらゆる部分に発症しうる皮膚病で個人差があります。
中には頭皮や左右問わず全身に痛みが走ることもあるので普段から免疫力に関して注意をしていきましょう。

効果的な食べ物はあるの?

ウイルスが原因なので、抗菌作用のあるもの、
そして免疫力を回復させるような作用のあるものが効果的です。

抗菌作用のあるものとしては、生姜や大根、鶏肉、緑茶が挙げられます。
大根は皮の部分に特に良い成分が含まれているので皮を剥かずに調理するのがオススメです。

免疫力を回復させるようなものとしてはネギ、梅干し、にんにくが挙げられます。
風邪の時にも活躍しそうな面々ですね。
梅干しは焼くと更に効果アップににんにくは豆類や豚肉と一緒に食べると効果が高まります。

L-リジンの効果

L-リジンとは、体内で生成できない必須アミノ酸です。
主にタンパク質の生成をサポートしてくれる役割がありウイルス性の疱疹にも効果があるようです。

  • 2日前にヘルペスができて、あまりに腫れたので、リジンがいいということを思い出して注文。
    届いてから、2度飲んだだけなのに、腫れも引いて、水疱も既にかさぶたっぽくなってます。
    こんなにいいなら、もっと早く買えば良かった。

効果に個人差はかなりあるようですがサプリメントとして愛飲されている方も多いようです。
ウイルス性の疱疹に悩まされている方は一度試してみても良いかもしれません。

L-リジンとはこんなサプリメントです。

タンパク質の生成をサポートするので、主に育毛に使用されるようです。

まとめ

帯状疱疹は発症する人も多く、意外と悩まされていることも多いようで、
中には長く付き合っている人もいます。

再発はなかなかしないそうですが、
原因のひとつにストレスなどによる免疫力の低下があるため
ストレス社会と呼ばれる現代の現代病と言えるのかもしれません。

健康に気を遣っていれば発症のリスクの下がる病です。
普段から健康への意識を高め、発症してしまったら
何が自分の体のためになるのかよく考えて普段の生活をじっくりと見直してみましょう。