炭水化物抜きダイエットは、目に見えて変化がすぐにあられることから、
人気が高いダイエットですが、数年前に専門家から危険性が指摘されました。

一体どういう危険なのでしょうか?
そして、今回は炭水化物抜きと糖質制限違いや、
食物繊維不足を解消する方法、そして炭水化物抜きダイエットをすることでの体や睡眠への影響、
炭水化物抜きに効果的なサプリ、炭水化物抜きで気を付けることなどを紹介します。

炭水化物抜きと糖質制限の違いは?

炭水化物抜きダイエットや糖質制限は
5年ほど前から書籍やテレビなどのメディアで取り上げられ、大ブームとなりました。
今ではコンビニなどでも糖質制限などのメニューが並んでいるのをよく目にします。

効果が短期間で得やすい効果的なダイエット方法ではありますが、
体への大きな影響から問題視されています。

やり方を間違えて、長い期間、炭水化物を抜いて、
まったく炭水化物をとらない状態が続いてしまうと体が低血糖になってしまい、
それが長く続くと、頭痛やだるさ、めまいなどを引き起こす原因になってしまうのです。

そして、糖質制限は、炭水化物だけを抜くのではなく、
普段の食事から主食や糖分を減らすだけで大丈夫です。

ご飯・パン・麺・イモ類などの炭水化物や糖質を控えて、おかずをメインで食べていくやり方です。
肉・魚・豆腐・野菜・チーズ類など、たんぱく質と脂質が主成分の食品は摂取して問題ないため、
ほかのダイエット法と違って、お腹いっぱい食べることができるので
ストレスが少なく、楽しく続けられると、最近人気のダイエット方法です。

糖質を制限することでインスリンの分泌も抑えられ、脂肪が蓄積されにくくなり、
糖質が少ないと体脂肪がエネルギー源として燃焼されるようになるので、ダイエット効果が高まるのです。

 食物繊維不足の解消方法は豆!

食物繊維には、動脈硬化や高血圧、糖尿病など生活習慣病に対する効果があることが明らかになり、
第六の栄養素として最近注目されるようになってきました。

また、血中コレステロールを下げるはたらきや、脂肪や毒素を外に排出する力があり、
糖分の消化・吸収を抑え、血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあります。

この食物繊維が不足してしまうと、便秘になって
体の中に老廃物が溜まったままの状態になってしまい、体に悪影響を与えてしまいます。
それがひどいと、病気になってしまう可能性もあります。

それを防ぐためには、食物繊維不足を解消しなければなりません。
その方法のひとつとして、豆類をたくさん食べるという方法があります。

豆類には食物繊維が豊富に含まれています。
そのなかでも特におすすめなのが大豆です。

豆類には、食物繊維の含まれているごぼうの3倍もの食物繊維が含まれていて、
大豆の食物繊維を積極的に取り入れる場合は、豆腐などよりも、納豆や水煮などがおすすめです。

大豆に含まれる食物繊維は、ほとんどが不溶性食物繊維なので、便のかさをふやし、
腸壁を刺激して排泄を促してくれます。

それ以外には、白米よりもできるだけ玄米などを食べるようにしたり、
イモ類なども積極的に摂る様にし、海藻類やキノコ類も摂取しましょう。

低血糖に注意!

炭水化物抜きダイエットを続けていると、手の震えが止まらなくなることはないでしょうか。
それは、低血糖になっている可能性があることがとても高いです。

手の震え以外にも、めまいや、糖分が足りてないことから起こる頭痛、
胃痛、異常な眠気や体のだるさなどの症状に悩まされることになってしまいます。

毎日のように炭水化物抜きをしてしまうと、血液中のブドウ糖が足りなくなり、
ブドウ糖をエネルギー源としている体中の細胞たちが
エネルギーを作れなくなってしまい、エネルギー不足に陥ります。

そのため、体がだるくなり、脳細胞へのエネルギーも足りずに頭の働きも鈍くなります。
手の震えや頭痛、胃痛が起きるのもそのせいのようです。

炭水化物抜きは不眠になる可能性も

炭水化物抜きダイエットが行き過ぎてしまうと、血液中のブドウ糖が足りなくなり、
ブドウ糖をエネルギー源としている体中の細胞たちがエネルギーを作れなくなってしまい、
体の不調以外に、夜寝ても昼間も眠気がずっと続いたり疲れやすい体になってしまいます。

やる気が起きなかったり、昼間もずっと眠たい状態が続き、
しっかり夜寝ても疲れが取れにくくなってしまいます。

眠たいのに眠れない日もあったりする場合もあるそうです。

しっかりと、昼間活動するためには、少しの炭水化物はやはり必要なので、
適度に減らすように心がけましょう。

炭水化物抜きはほどほどに

炭水化物抜きは、全く炭水化物を食べないのではなく、
はじめは夜だけ炭水化物を抜く程度のことでいいのです。

栄養はバランスが大切なので、適度に炭水化物も必要です。
そのため、ずっと炭水化物を抜いてしまうと、エネルギーや活力が湧いてきません。
そのため、しっかり、バランスよく食べる必要があります。

炭水化物抜きダイエットのやり方は様々、
元々アメリカのロバート・アトキンス医師が開発したものでしたが、
これを実践していたアトキンス医師自身が、健康を大きく害しています。

炭水化物抜きに効果のあるサプリは、「カロリナ酵素プラス」です。

このサプリはキトサンの3~5倍の吸着力がある成分「リポサンウルトラ」に、
満足感・活性をサポートしてくれる「ガーシトリン」と、
ボディメイクに特化した「レプチコア」の3つの成分でダイエットをサポートします。

炭水化物抜きで気をつけることは?

正しい炭水化物抜きのやり方は、主食を抜かずに、減らすことです。
少しでもいいので、主食となるご飯やパンはしっかりと食べるようにしましょう。

砂糖はもちろん、小麦でできているパンやパスタなどの食材は吸収が速く、
血糖値が上昇しやすく太りやすくなります。
こういった炭水化物が多く含まれるものを食べると、
摂取したカロリーが消費しきれずに、お腹の中に脂肪としてたまりやすいです。

炭水化物を含む食材を減らすなら、砂糖を使った食品や、穀類はできるだけ摂らないようにして、
ニンジンやジャガイモ、ご飯など栄養価も高く消化吸収が早くない食材を少な目に。
「炭水化物を減らすが、減らしすぎない」ように気を付けましょう。

1日に食べる量が同じなら、3回までではなく、それ以上の回数を少ない量に分けて少しずつ分散して食べましょう。

一度にたくさん摂ると余って脂肪になりやすくなるので、
血液中や貯蔵庫(肝臓)から枯渇しないよう、
また余りが出ないよう、少しずつこまめに食べ物を食べるといいです。

まとめ

今回は炭水化物抜きや糖質制限のダイエット方法ついてご案内させていただきました。
炭水化物抜きのダイエットには意外な危険が潜んでいました。
ですが、正しいやり方ですれば、効果は得られるダイエットです。

  • 炭水化物抜きは、あくまでも炭水化物を全く食べないのではなく、炭水化物を減らす
  • 食物繊維の不足を解消するには、イモ類や海藻類、キノコ類、納豆などの豆類を摂る
  • 行き過ぎた炭水化物ダイエットは健康を損なう

今回の記事をまとめるとこのようになります。

正しいやり方と知識を身に着けて、賢くダイエットをしましょう。