手足口病は夏に流行し、子供がかかりやすい病気です。

周りで感染した話を聞いたり、
実際にお子さんが感染した経験のあるお母さんも多いのではないでしょうか。

今回は手足口病の予防方法治療法についてご紹介いたします。

手足口病とは?

手足口病夏風邪の一種です。
5歳以下の子供がかかりやすく、保育園や幼稚園で集団感染が起こります。

感染患者の9割5歳以下という統計も出ています。
初期症状として、口内炎症が生じて痛みを感じます。

その後、口内だけではなくて手のひらや足の裏などにも白いブツブツが発生するのが特徴です。

手、足、口に同じ皮膚症状が発生することから手足口病と名付けられています。
感染症であるため高熱が出るイメージもある思いますが、
発熱しない場合もあり、発熱があっても微熱程度の場合が多いそうです。

潜伏期間は感染から3〜5日で、多くは自然治癒する病気です。
しかし、脳炎などの合併症を引き起こすことがありますので初期症状に要注意です。
手足口病は、ここ数年で感染数が増加していることが報告されています。
https://twitter.com/kenkou_otaku/status/831070455809191936

マヌカハニーが予防に効果的?

手足口病の予防マヌカハニーが効果的であると言われています。

マヌカハニーとは殺菌効果の高いハチミツで、
ビタミンアミノ酸などを豊富に含む養価の高い食品です。

近年の研究では、インフルエンザ薬を減らしてマヌカハニーを摂取することで
インフルエンザ薬を通常量摂取するのと同じ効果が得られることが判明しています。
抗菌・抗ウィルス効果の高さは、まさに自然由来の抗生物質と言えるでしょう。

マヌカハニーを配合した商品として、
喉の痛みに使用できる炎症を抑えるスプレーが販売されています。
https://twitter.com/LOFT_TENJIN/status/831033645464891392

マヌカハニーの効果についてはこちらの記事もご参考に!

マクロビで治る?

マクロビとは食事法のことで、
玄米を主食とし、野菜穀物を中心とした食事のことを言います。

マクロビの考え方は、「一物全体」、「身土不二」、「陰陽調和」の3つが柱となっています。

  • 一物全体食材の皮をむいたりせずに1つの食材をまるごと食べること
  • 身土不二自分が住む土地の食材を旬の時期に食べること
  • 陰陽調和ミネラル、ナトリウム、カリウムのバランスを崩さないこと

これらの内容を考慮した食事にすることで、手足口病の炎症を抑える効果が期待できます。

手足口病の予防法や対処法は?

手足口病の感染経路はいくつかあります。

くしゃみから感染する飛沫感染
皮膚粘膜の接触で感染する接触感染
感染者の排泄物から感染する糞口感染があります。

この病気には予防薬ワクチンないため、完全に予防するのは難しい感染症です。

また、感染者の体内に治癒後もウィルスが潜伏しており、
周囲が治っていたとしても、流行期間中は注意が必要です。

ウィルスに感染してしまうと手足口病に効果を発揮する薬はありません。
主な治療方法は安静にした自然治癒となります。

日常生活で手足口病を予防するためには、飛沫感染を予防するためにマスクの着用、
接触感染を予防するために手洗いうがいの徹底があります。

しかし、子供にこれらの予防策を実施するのは難しいため感染予防に限界があります。
そのため、上記で紹介したマヌカハニーの摂取やマクロビの食事法が効果を発揮します。
手足口病に特効薬がない今、食事療法に頼るのも一つの手段です。

こちらの記事でもマクロビについて詳しく説明しています。

おわりに

手足口病について調査した結果、子供が感染しやすい病にも関わらず予防薬治療薬ないことがわかりました。

予防にも限界があり、子供は保育園や幼稚園は集団生活となるため、
感染が広まりやすくなってしまいます。

なので、食事で予防や治療の助けをすることがオススメの対処法となります。
今回は殺菌力の高いマヌカハニーで予防し、
マクロビの食事法で炎症を抑えて治療を早める対策をご紹介しました。

お子さんが手足口病にかかってしまった場合は、焦らずに適切な方法での処置を心がけましょう。