人間が生きていくためには欠かせない栄養素である糖質が
不足するとどのような症状が現れるのかを徹底解説!

低糖質になるとどのような症状が現れて、
どんな対処法が効果的なのかを知ることが大切です。

喉がやたらと渇いている人は要注意!

いざというときのために低糖質に陥った際に
必要な対処法を身に付けておきましょう!

人間の身体に必要な糖質の役割とは

2015-03-12-01b

健康志向が高まりつつある現代の日本では、
ダイエットの敵として認知されている「糖質」や「脂質」などの
栄養素は敬遠されてしまいがちです。

しかし、糖質も脂質も人間が生きていく上で必要不可欠な
栄養素であり、制限し過ぎてしまうと逆に健康を
損なってしまう場合があるので注意が必要です。

特に「糖質」を抑えて効果的なダイエットに繋げようと考える人は多く、
甘い食べ物を控えるだけでなく「一日に一切の糖質を摂取しない」など、
糖分の摂取を極度に制限する人が増えてきています。

しかし、こうした極端な糖質の制限は身体にさまざまな不調をもたらし、
最悪の場合は「低糖質」や「低血糖症」などの症状に
繋がってしまう可能性があるので十分に注意する必要があります。

糖質は人間が生きていく上で必要となるさまざまな活動を支えるための
エネルギー源」として使われます。

食べ物から吸収された糖質は胃腸から血液中を通って、
インシュリンと呼ばれるホルモンによって全身の細胞へと運ばれます。

そして各細胞に運ばれた糖質は細胞の活動を支えるための
エネルギーとして消費されていきます。

つまり、人間の活動を支えているのは外部から取り込んだ
「糖質」であり、極度の糖質制限は人間の「生命活動」を
妨げてしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

糖質を制限して低糖質になると現れる症状

2015-03-12-01c

健康志向が高まりを見せつつある昨今、世界中で肥満体型を
毛嫌いして悪と考え、「スリムな体型」を求める傾向が見受けられます。

そのため、今では世界中で過度なダイエットによる
栄養不足が問題となっています。

ダイエットに夢中になるのは悪いことではありませんが、
身体に必要な栄養素を過度に制限することは不健康の元と
なってしまうので、「極端な栄養制限」は避ける必要があります。

最近、流行しているダイエットの中には甘い物を徹底的に制限して
わざと身体を「低糖質」にすることで、時間を掛けずに痩身を図ると
いうダイエット方法も出てきています。

しかし、身体をわざと低糖質にすることで、ちゃんと睡眠を取ったはずなのに
日中の活動中に「強い眠気」に襲われたり、「やたらと喉が渇く」といった症状が
現れることがあります。

人間の身体は日々の食事によってさまざまな栄養素を取り込み、
血液を介して全身の各細胞にエネルギーを供給しながら生命活動を行っています。

全身の活動を支える主なエネルギー源となっているのが「糖質」ですが、
血液中に含まれる糖質が極端に減ってしまうと血糖値が下がって
低糖質」に陥ってしまいます。

血液中の糖質が不足して低糖質に陥ってしまうと、活動を行う日中に
眠気が襲ってきたり「喉が渇く」、「目覚めが悪くなる」などの症状が現れてきます。

低糖質にならない為の予防策と対処法

極端な糖質制限によって低糖質に陥るとさまざまな不調が現れてしまうので、
たとえダイエットを最優先したい気持ちがあっても
極度の食事制限」は絶対に避ける必要があります。

低糖質は文字通り、血液中にあるべき糖質が不足して
血糖値が下がっている状態なので、やたらと喉が渇いたり
日中の活動時間帯で強い眠気に襲われるなどの症状が現れたら
すぐに「糖分を補給」することが大切です。

ただし、いきなり糖分の多い食べ物を体内に取り込んでしまうと
急激に血糖値が上がってしまうので、
できれば野菜など糖質の少ない食べ物から順に摂取していき、
最後に糖分が豊富な食品を食べるように心掛ける必要があります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、事前に低糖質の予防を心掛けたいのであれば、
日常生活の中で糖分をたっぷりと含んでいるスポーツドリンクなどの
適度な摂取を心掛けておくことが大切です。
アクエリアスのお求めはこちら

そして過度な糖質制限を行うのではなく、
毎日の食事を三食に分けてしっかりと摂ることが
何よりも効果的な低糖質予防となります。