毎日の食事から糖質を減らすだけでヤセるという低糖質ダイエット
これから始めたいと思っているかたや実践中のかたもいらっしゃるかもしれません。

このダイエットは、糖質以外は何でも食べてよいといわれています。
ではカロリーの多い揚げ物はどうなのでしょう?

他のダイエットでは禁止されることの多い揚げ物ですが、
低糖質ダイエットでは、食べてもよいというのは本当なのでしょうか?

そこのところを含めて、ブームになった低糖質ダイエットについて、あらためて見ていきましょう。

低糖質ダイエットのはじまりは?

2015-04-25-1b

もともとは糖尿病や重度肥満患者の治療に用いられた療法で、
炭水化物を制限した食事を摂ることから、低炭水化物ダイエットとか、
糖質制限食、糖質制限ダイエットとも呼ばれていました。

1990年代にアメリカのロバート・アトキンスが、
ダイエットのために提唱した低炭水化物ダイエットは、
2000年代初に大ブームを引き起こしました。

しかし彼が亡くなると次第にその声も小さくなっていきましたが、
やがてその後、アトキンスの低炭水化物ダイエットを改良したかたちのダイエット法が生まれてきました。

現在ではかなり研究も進んできたようです。
そのなかのひとつ、ドクター江部康二の提唱する糖質制限食での
糖尿病の治療食や糖質制限ダイエットは有名です。

一般向けに健康本としても出版されています。

糖質ダイエットの方法をサラッとおさらい

ドクター江部方式では、夕食だけ主食を抜くプチ糖質制限食、
朝食と夕食の主食を抜くスタンダード糖質制限食、
三食すべて主食抜きのスーパー糖質制限食にわけられており、
守るべきルールも決められています。

またその他にも低糖質ダイエットの方法として、
3つの段階に分けて進めていく方法を提唱されている方もいます。

いずれにしても穀類などの炭水化物、
糖質になるものは食べてはいけないけれど、
脂質タンパク質は食べてもよいとされています。

ただ、食べてよいものも摂り過ぎては逆効果になりますから注意が必要です。
独自な低糖質ダイエットを行い、脂肪やたんぱく質を摂りすぎたことから起きる弊害も報告されています。

揚げ物は食べてもいいの?

カロリー制限をしていても、
炭水化物をたくさん摂っているとヤセないとよくわれます。

けれども脂質やタンパク質は血糖値を上げないので、体脂肪がつきにくくなります。
ですから糖質を制限する低糖質ダイエットはヤセるといわれるわけです。

先ほども話したように油やお肉の摂り過ぎはよくありませんが、
通常の量で、油と衣に気をつければ、揚げ物もOKなのです。

揚げ物は工夫しだい

低糖質ダイエットでは、油は摂ってもいいとされていますから、
衣につけるパン粉や小麦粉、食材選びが大切ということになります。

これらは炭水化物で糖質になりますから代用のものを使うのです。
たとえばパン粉なら油揚げを代わりに使ってもいいでしょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

湯通ししてフードプロセッサーで細かくして、から煎りしたものを使ったり、
ブランパン(糖質オフのふすまパン)をおろし金で下したものや、
すり鉢ですりつぶしたものをパン粉代わりに使う人もいます。
フードプロセッサーのお求めはこちら

小麦粉の代わりには、おから粉などがあります。

また糖質の量を減らすくらいのダイエットであれば、
パン粉は代用のもので小麦粉は薄くして揚げたり、
薄くつけた小麦粉だけで揚げるとか、
全く糖質は使いたくないという人は衣をつけず素揚げにしてみるなど、
揚げ方はいろいろ、工夫しだいです。

食材はイモ類や穀類はさけ、野菜も炭水化物の少ないものを選びます。
摂ってもよいとされる油も摂り過ぎには気をつけましょう。

低糖質ダイエットの気になるアレコレ

2015-04-25-1c

ロバート・アトキンスの低炭水化物ダイエットが大ブームになったとき、
一時は北米の7人に一人が取り組むほどにもなり、
パスタや米などの炭水化物系商品の売り上げが4.6~8.2%も
落ち込んだというのですから驚きますね。(参照:アトキンス・ダイエットWikipedia)

しかし彼が提唱した炭水化物制限ダイエットは
弊害が多いということで論争が起き批判されました。

その後いまだ決定的な科学的根拠とガイドラインがないため論争は続き、
現在の改良された低炭水化物、低糖質ダイエットにも懸念の声が上がっています。

糖質さえ制限すれば後は何を食べてもよいという話だけで、
安易に自己流で始めてしまうと危険なことも。

医師の指導を受けながら一定期間行う方が安全です。
若い人もそうですが、とくに65歳以上の高齢者は注意が必要といわれています。

糖質制限で筋力が落ち歩行困難になる場合や、
骨粗鬆症、心臓病、脳卒中などを引き起こす場合もあるからです。

また高齢者でなくとも、腎臓病のある人は禁止されています。
こういった話も頭において、ルールを守りながら上手にダイエットしてくださいね。