これからは白砂糖の使用をやめて「てんさい糖」に切り替えよう!
血糖値が上がりにくいと言われているてんさい糖を使って料理を作り、
健康生活をサポートしましょう。
GI値についてもご説明いたします。

通常の砂糖よりもミネラル分がたっぷりと含まれているてんさい糖は
体質の改善やダイエットにも効果的!

てんさい糖の正しい活用方法を知って上手に健康生活を送ろう。

白砂糖を止めて「てんさい糖」を選ぼう

2015-03-17-02b

私たちは普段からさまざまな場面で砂糖を摂取していますが、
多くの食品に使われているのは「白砂糖」と呼ばれる、人工的に加工された糖です。

一般的な砂糖の原料はサトウキビやビート(大根)が有名ですが、
白砂糖の場合はその精製過程で多種多様な薬品を使って徹底的に精製化し、色を白くしていきます。

・砂糖の色について

本来の砂糖は決して白い色をしていないのですが、とことん精製された砂糖は次第に色を失っていき、
最終的には「白砂糖」という製品が完成します。
つまり、私たちが普段から口にしている食品には
自然界には絶対に存在しない添加物」が使用されているのです。

つまり、さまざまな薬品が使用されている白砂糖は
摂取し過ぎてしまうと人体に害をもたらしかねない危険な存在なのです。

そのため最近では「てんさい糖」と呼ばれる、
ミネラル分を多く含んだ砂糖を料理に使用する人が増えてきています。

・てんさい糖の成分について
てんさい糖は主成分が白砂糖と同じ「ショ糖」となっていますが、
それに加えてオリゴ糖(ラフィノース、ケストース)ミネラル成分が含まれており
血糖値を上げにくい糖分」として今、女性を中心に高い人気を誇っています。

もちろん、いくら健康に良い砂糖といっても摂り過ぎれば太ってしまうので、
過剰摂取に注意しつつ上手に活用していくことが大切です。

てんさい糖の効果やGI値に関する知識

ヘルシー志向が高まるにつれて、
さまざまな料理に使われる食品添加物への警戒心が人々の間で高まってきています。

最近では従来の白砂糖の代わりに、血糖値が上がりにくいことで知られている
てんさい糖」を料理に使う人が増えてきており、
その注目度は日を増すごとに高まりつつあります。

血糖値を語る上で外せないワードに「GI値」と呼ばれるものがあります。
このGI値は正式名称を「グリセミック指数」と言いますが、
具体的にいうと「食べ物が消化されてから糖へ変化するまでの速度」を表す数値のことです。

・GI値と血糖値の関係性について
食事をしてから血糖値が上がるまでにどれくらいの時間が掛かったかを示すための数値がGI値であり、医療現場などではBMI(肥満の程度を表す値)と共に肥満予防や糖尿病の予防を考える際に役立てられています。

このGI値は、一般的な料理に使われている白砂糖を摂取すると
高い数値を示す傾向がありますが、「てんさい糖」は消化に時間が掛かるのでGI値も低い数値を示す場合がほとんどです。

つまり、一般的な白砂糖よりもてんさい糖を使って料理を作った方が
肥満糖尿病防止する効果が高いと言えるのです。

てんさい糖の活用法や食べ合わせについて

2015-03-17-02c

健康的な砂糖として世間の注目を集めているてんさい糖ですが、
活用法や食べ合わせによってその効果をより一層高めることが可能となります。

てんさい糖はショ糖を主成分とする砂糖の一種ですが、
ミネラル分が豊富に含まれているだけでなく摂取しても「血糖値が上がりにくい」という利点があります。

そのため、ダイエットを望んでいる人や
糖尿病を予防したい人にオススメしたい健康食品です。

てんさい糖を使った料理を食べると、通常よりも血糖値の上がり方が穏やかになるので、
GI値も低い数値を示す場合が多くなります。

また、血糖値の上がり方が穏やかになるということは
インシュリン」の分泌もゆっくりになるということです。

つまり、血糖値への影響が少ないてんさい糖は
糖尿病予防に効果的な砂糖」という事になります。

てんさい糖はそのまま摂取しても問題ありませんが、
食べ合わせによっては血糖値に与える影響がさらに良くなるので相性の良い食材を覚えておくと便利です。

血糖値に効果的と考えられている食材で有名なのは、
沖縄を代表する野菜として知られる「ゴーヤ」です。

ゴーヤには血糖値を下げる効果のある成分がたっぷりと含まれているので、
てんさい糖と食べ合わせる事でさらに血糖値の上昇を抑えることが出来ます。