二日酔いに効くことで有名なウコンには身体を浄化する作用もあるって本当!?
ウコンに秘められた驚くべきパワーや特徴について徹底解説!

ウコンにデトックス効果がある理由とメカニズムについても紹介します。
ウコンに含まれる栄養素にはどのようなものがあるのかを学ぼう!

ウコンの健康効果や肝臓に与える影響を正しく知ろう。

ウコンに含まれる栄養素と秘められた力

2015-04-13-2b

日本では二日酔いの予防や
肝臓機能を高めるために利用されることが多い「ウコン」ですが、
最近では美を追求する人の間でウコンの「デトックス効果」にも注目が集まっています。

飲み会の前に飲むウコン飲料やサプリメントが普及し、
すっかり二日酔い防止に効く素材の代名詞として定着したウコンですが、
飲み過ぎた後の気持ち悪さやむかつきを防止するだけでなく、
実はさまざまな「美容に良い成分」が多く含まれていることが分かっています。

ウコンには肝臓の機能を強化したりサポートするポリフェノールの一種、
クルクミン」が豊富に含まれています。

このクルクミンの働きによって
二日酔いの予防が可能となっているのです。

そのほかにもウコンには胃腸を健康にする「シネオール」や
コレステロールを溶かす作用を持つ「クルクミン」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。

さらにウコンの中には血管を修復する働きを持つ「ビタミンP」や
塩分の排出を促す「カリウム」、炎症を抑制する「アズレン」などの
成分もたっぷりと含まれています。

そしてこれらの成分が複合的に効くことによって
胃腸や肝臓の働きも活性化され、
結果として体内の毒素を排出する機能が高まって
デトックス効果」が生まれるのです。

また、ウコンにはほかにも鉄分やカルシウム、マグネシウムやリン、
ビタミンC、ビタミンBなどの栄養素が豊富に含まれているので
美容にも健康にも良い「万能食」として今、世界中でウコンへの注目度が高まりつつあります。

ウコンによるデトックス効果のメカニズム

ウコンには二日酔いの防止以外にも
さまざまな健康効果がある事は周知の事実となっていますが、
最近ではウコンが持つ「デトックス作用」に注目する人が増えてきています。

ウコンと言えば肝臓の働きを助ける効果が有名ですが、
この肝臓の機能が向上する事によって
体内の「毒素」を処理する能力も同時に高まることが分かっています。

肝臓は人体の右上腹部にあり、
肋骨に守られるようにして存在している重要な臓器です。

人間の身体の中にある臓器では肝臓がもっとも大きく、
その重さは成人男性で平均1.5kgほどあります。

この肝臓の主な働きは代謝と解毒ですが、
特に「解毒」に関する働きは生命を維持するための重要な役割を担っています。

たとえばアルコールなど人体にとって「」となる成分が取り込まれると、
肝臓の機能が働いて毒素を処理した上で腸へと送り届けます。

つまり、肝臓機能を向上させる事が
デトックス効果(毒素排出効果)に繋がるのです。

そのため、肝機能を高めたり補助する効果を持つウコンを摂取することで
肝臓を強化してデトックス効果を高めることが出来るというわけです。

ウコンのオススメの接種方法とは

2015-04-13-2c

今では各メーカーからさまざまなウコン製品が販売されていますが、
ウコンの効果をもっとも引き出すことが出来る接種方法は
サプリメント」を活用するのがオススメです。

飽食の現代ではカロリーを気にする人も多いかと思いますが、
市販のウコンドリンクには糖類がたっぷりと使われていることも多く、
余計なカロリーを摂取してしまうことにも繋がってしまいます。

その点、サプリメントであれば
ウコン由来の成分を凝縮して配合されているだけでなく、
ほとんどカロリーも無いので糖分を気にせずに摂取することが出来ます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、サプリメント以外にも「ウコン茶」を飲むことで
市販のウコンドリンクと同等の健康効果やデトックス効果を得ることが出来ます。
有機栽培 ウコン茶のお求めはこちら

ちなみに私たち日本人に馴染みの深い食べ物として知られる
「カレーライス」にはターメリックと呼ばれるスパイスが使われていますが、
このターメリックはウコンのことなので日常的に
カレーライスを食べるようにしていれば通常の食事でウコン効果を得ることが出来ます。

ただしウコンが美容や健康に良いのは確かですが、
過剰に摂取すると健康を害するおそれがあるので摂り過ぎには注意が必要です。