高血圧は多くの人を悩ませている病気でもあります。
自覚症状がある場合もありますが、なかには自覚症状がない場合もあり
それによってまた別の病気を発症させてしまう原因ともなる怖い病気でもあります。

高血圧予防のために出来ることというのも
多く紹介されていますが、今回注目したいのはウコンです。

二日酔い予防のイメージが強いウコンは、
実は高血圧にも効果があるとされているのです。

ウコンと高血圧の関係についてご紹介していきます。

高血圧はどんな病気?

2015-04-24-2b

血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力のことを血圧と言います。
親族が収縮して血液を押し出した瞬間は、
血管にいちばん強く圧力がかかります。
これが最高血圧です。

そして収縮した後に心臓がいちばん低くなるときが
圧力がいちばんひくくなります。これが最低血圧です。

最高血圧、最低血圧どちらが高くてもそれを高血圧と呼ぶのです。
高血圧になるとすぐに症状が出るかどうかいうとそういうわけではなく、
自覚症状がほとんどないというのも特徴です。

高気圧の特徴的な症状がないから、自覚症状が出にくくなってしまうのです。
もし高血圧のままその状態を放置し続けると、
血管がかたくなる動脈硬化狭心症心筋梗塞
脳卒中などの発作を起こしてしまう可能性があるのです。

だからこそ高血圧はバカにできない命に関わる病気なのです。

自覚症状がほとんどないままに、長年ひそかに血管をむしばんでいくことから
高血圧はサイレント・キラーとも呼ばれているおそろしい病気なのです。

高血圧になってしまう原因は?

高血圧には原因によって一次性高血圧と二次性高血圧に分類されます。
一次性高血圧は、特に明らかな異常がないけれど血圧が高くなるのが特徴です。

ただ、血圧をあげる要因はわかっていて、食塩の摂りすぎ、加齢による血管の老化、
ストレス過労運動不足肥満遺伝的要因が考えられています。

一方、二次性高気圧腎臓病ホルモン異常など、
原因となる病気があるものをさします。
こちらは原因となる病気が治れば、高気圧も改善します。

ウコンが高血圧に効果がある理由

そもそも血圧を下げるための薬のひとつに、カルシウム拮抗剤があります。
カルシウム拮抗剤は、血管壁の平滑筋への
カルシウムイオンの流入を抑制する拮抗作用があるので、
末梢の血管を緩めて拡張させ、血管の流れを潤滑にする働きをするのです。

血管の流れを潤滑にすれば、当然血圧の上昇を抑えることができるのです。
ウコンには、そのカルシウム拮抗剤と同じ作用があるのです。

中国では、ウコンを高血圧患者へ血圧降下剤として用いているほどです。

それ以外のウコンの効能

ウコンといえども私たちがよくいうウコンは秋ウコンと呼ばれるものです。
それ以外にも春ウコンや紫ウコンなど種類がありますが、
ものによってその効果はかわってきます。

今回ご紹介しているウコンは基本的に秋ウコンのことを指しています。
秋ウコンにはどういった効果があるのでしょうか?

肝臓病に効果
秋ウコンに含まれる、クルクミン
これが肝臓機能を助けてくれる働きがあります。
お酒の飲みすぎなどにも有効なのはこの理由からです。

糖尿病に効果
秋ウコンは肝臓機能を助けて、血液をサラサラにする効果があるので、
糖尿病でもろくなってしまった血管への負担を軽減させてくれます。

ピロリ菌の除去
秋ウコンに含まれている精油成分には殺菌力があります。
なので、胃潰瘍の原因となるピロリ菌を除去する作用も持っているのです。

胃が弱い人には必要なものです。

ダイエット効果
秋ウコンは胆汁の分泌量を増やしてくれます。
胆汁の分泌が増えると、その分体内のコレステロールが消費されて、
コレステロールや中性脂肪を減らすことができるのです。

これによってダイエット効果が期待できるのです。

美肌効果
秋ウコンに含まれるクルクミンは抗酸化作用があります。
肌を老化させる原因である活性酸素を抑制してくれるのが、抗酸化作用。

つまり秋ウコンによって肌の活性酸素をやっつけて肌の老化を防止してくれるのです。

まとめ

2015-04-24-2c

日本人の5人に1人は高血圧と言われています。
自覚症状が出ない分、自分は違うと思っている人も
もしかしたら高血圧である可能性ももちろんあります。

そのままにしておくと死に至ることもあるからこそ、
高血圧を予防すること改善することは大切なことです。

そこで秋ウコンは効果が考えられる食品だからこそ、
上手に生活に取り入れていくようにしましょう。

食事では難しい場合にはお茶なども販売されているので、
そういったものを活用するというのもひとつです。